コロンビア在住の日本人が気付いたコロンビアの17の特徴

コロンビアに移住した日本人が気付いたコロンビアの特徴

コロンビアに住み始めて、もう半年以上が経ちます。そんなコロンビアの生活の中で気付いたこと。それは、一体何なのでしょうか?観光旅行や旅でコロンビアを訪れたい人、コロンビアに移住しようかと考えている人たちの参考になればと思います。それでは、コロンビア在住の日本人が気付いたコロンビアの特徴を見て行きましょう!

コロンビアの気候や天気で気付いたこと

コロンビアの気候や天気について

まずは、コロンビアの気候や天候についてです。もしコロンビアに来られるようであれば、ぜひ何着かコートを持って来るようにしましょう。暑い時もありますが、寒い時もあります。あとは、雨も多いので折り畳み傘などの傘も必須です。日中は眩しいので、太陽光に弱い人は、サングラスも持参すると良いでしょう。

朝夜は寒く日中は涼しい

コロンビアは南米なので、暑いイメージがあるかもしれませんが、コロンビアの首都ボゴタは標高の高い場所に位置しています。意外かもしれませんが、コロンビアは結構山々に囲まれた国です。標高が高いので、日中は涼しく、朝夜は肌寒い気候が特徴です。

雨が多く乾燥しやすい

雨の多さや回数は、まるでイギリスのようです。それほど、天候がすぐ変わります。午前中は雨だったけど午後は快晴。または、その逆が発生します。12~1月の間はゲリラ豪雨が普通に起こったり、あられが空から降って来たりと異常気象が激しかったです。

また、ボゴタは非常に乾燥しますひもくみは敏感肌なのですが、ボゴタに来てから目の下の乾燥が悪化したり、手の指の皮がむける病気に掛かったりしました。特に乾燥・敏感肌の女性は、コロンビアで長期滞在する場合に気を付けて下さい。

コロンビアの交通機関で気付いたこと

コロンビア市内での交通手段としては、バス・タクシー・車が主流です。実は、首都ボゴタには地下鉄が無いんです。第2の都市メデジンにはあるんですけどね。最近では、ボゴタにも地下鉄を建設しようと、政府の調査で地下鉄建設の為の調査を行っています。実際に、私たちのアパートにも調査員が来て色々と尋ねられました。

彼らが私たちのアパートに来るという事は、私たちの住んでいるアパートは取り壊される予定だということです。そうなれば、引っ越しです。まぁ、地下鉄が出来ればの話ですけどね。ボゴタでは何度も地下鉄建設の話が浮上していますが、いつも実現出来ずにいます。ですが、今回は調査員が来たり、テレビでも放映されていたので、真剣かもしれません。たぶん。

満員バスをよく見かける

コロンビアのバスについて

コロンビアのバスは、いつも賑やかです。コロンビアには、モノ売りやギター弾き、シンガーソングライターがバスに乗って来ます。この光景は、ヨーロッパでも見らますよね。

そんなバスでも、時間帯によっては東京の満員電車みたいになる事があります。それが、朝7~8時くらいと、夕方17~19時くらいです。この時ばかりは、ぎゅうぎゅう詰めです。通勤ラッシュですね。乗れないほど人が多いので、その場合は次のバスを待ちましょう。

車の渋滞が日常茶飯事

コロンビアの車について

車の渋滞も、朝7~8時くらいと、夕方17~19時くらいがピークです。また、お昼12~13時代も、お昼ご飯を家で食べる為に一旦帰る人が多いからか、ちょっと渋滞気味です。車の渋滞に一度捕まると、なかなか動きませんので、潔く待つようにしましょう。

この渋滞も多いからか、コロンビアでは時間をなかなか守る事が出来ません。なかには、純粋に時間に対してルーズな人も多いでしょうが、車やタクシーを使って待ち合わせとなると、それなりに時間を見積もらなけれなりません。時間に間に合わせようとすると、時間通りに来るバスを使う方が、待ち合わせの時には良いのかもしれませんね。

タクシー料金が異常に安い

コロンビアのタクシーについて

日本のタクシー代に慣れている方には、衝撃的かもしれませんね。コロンビアのタクシー代は異常に安いです。空港からボゴタの中心地に行くにも、30分ほどで800~900円ほどです。たまに、空港から中心地まで2,000~3,000円近く支払っている日本人を見かけますが、ぼったくられている可能性があるので、気を付けましょう。

5~10分程度の走行であれば、150円ほどです。私たち夫婦も、急いでいる時や荷物の量が多い時はよくタクシーを使います。街中のあらゆる所でタクシーが停まっていたり、道路でもよく走っているので、捕まえやすいです。

タクシーの他に、最近では「Uber」という配車サービスがあります。Uberだとタクシーよりも安く済みますが、私たちは何故か使えなくなってしまいました。夫カミーロの登録内容でひもくみのクレジットカードを使おうとしたのが原因みたいです。やはり、個人情報には厳しいのですね。

コロンビアの食事で気付いたこと

コロンビアでの食事は、日本人でも受け入れやすい味だと思います。何故なら、お米を使いますし、チキン、ビーフ、魚料理などもあります。豆をよく使うところはヨーロッパと似ていますが、そこまで好き嫌いなく食べられるかと思います。コロンビアの食に関しては、

【観光】フリーフードツアーボゴタでコロンビア料理を堪能!

こちらの記事でも紹介しているので、ぜひ合わせて読んでみて下さい。ここでは、コロンビアで特に私がハマった料理やちょっとした気付きをご紹介して行きます!

「アヒ(ahi)」がひそかに美味しい

コロンビアの「アヒ(ahi)」について

コロンビアのスープは、もちろん美味しいのですが、スープ以上に「アヒ(ahi)」が大好きです。アヒ(ahi)とは、辛いタレです。このアヒは手作りなので、店や個人によって辛さや味が違って来ます。このアヒの作り方は簡単らしいのですが、私は未だに作り方を学ぼうとしません(笑)

コロンビア人は辛い物を苦手とする人たちが多いので、このアヒはお店で余っている確率が高いです。上の写真のように、小さいカップにアヒがあります。私たち夫婦は、いつもこのカップをほとんど使いきり、たまにお替りをします。

辛いと言っても、タイやバングラデシュ、パキスタンの辛口料理と比べたら全然辛くありません。使い過ぎるのは良くありませんが、スープやメイン料理に数滴垂らして食べるのがポイントです。

「アヒアコ」はコロンビアの定番

コロンビアの「アヒアコ」

コロンビアと言えば、アヒアコです!スープの中にご飯やアボガド、トウモロコシを入れて食べるものです。コロンビアのスープは、土鍋で入れて食べるとさらに美味しいらしく、アヒアコはほとんど土鍋で出されます。

私は、アヒアコが一番コロンビアで好きな料理かもしれません。しかし、このアヒアコを2日続けて食べた事があるのですが、さすがにちょっと味に飽きてしまいました。味も濃いので、飽きは早いです。なので、たまにアヒアコを食べるのが良いでしょう。

「エンパナーダ」があちこちに

コロンビアの「エンパナーダ」

エンパナーダは、コロンビア料理ではありませんが、コロンビアの至る所で売られています。道端で何軒もエンパナーダ屋さんを見かけるので、ついつい買い食いしてしまうものです。

ひもくみも、友人に一度エンパナーダの作り方を教わり、何度か作った事があるのですが、お店のような味は出せませんでした。エンパナーダは、パン生地に包んで油で揚げるのですが、私だとどうしてもパン生地が厚くなってしまいます。

このように、料理する人によってエンパナーダは味が全然違います。美味しくないお店もあれば、めちゃくちゃ美味しいお店もあります。エンパナーダ1つのお値段が、大体70~80円代です。アヒと一緒に食べるとさらに美味しさが増すので、ぜひ一緒に食べてみて下さい!

アイスクリーム好きなコロンビア人たち

コロンビアのアイスクリームについて

コロンビア人の男女ともに、アイスクリームが大好きです!実際に、コロンビアのマクドナルドでは、アイスクリームや飲み物だけを売っているお店もあるくらいです。お昼を過ぎた14~15時頃に、アイスクリームを欲しがるコロンビア人たちは多く、晴れた日なんかはアイスクリーム屋さに人だかりが出来ます。

私の夫カミーロも例外ではなく、二人で天気のいい日に出かけると、よくアイスクリームをねだります(笑)アイスクリームは、バニラかチョコレート味の2種類をよく見かけます。味は日本と変わりありませんが、天気の良い日にコロンビアでぜひ食べてみて下さい!

レストランでは紙コップ率高し

コロンビアのレストランについて

何故か分からないのですが、コロンビアのレストランでは紙コップを使用するお店がほとんどです。コップを洗う労力や時間以上に、この紙コップが安いからかは分かりませんが、本当によく紙コップ使用のお店をよく見かけます。

また、コロンビアではあまりゴミの分別がされておらず、私の住んでいるアパートでもゴミの分別がされていません。ショッピングモールやちょっと高級そうなエリアになるとゴミの分別BOXが置かれているのですが、ボゴタ全土ではまだまだ進んでいないので、ぜひゴミの分別を浸透させて欲しいです。

日本に関するコロンビアでの気付き

コロンビアで見つけた日本に関する情報です!日本では、わりとメキシコは有名ですが、コロンビアをよく知らない人も多いのではないでしょうか?コロンビアでも同様、日本を知っている人はもちろん多いですが、やはりアメリカの影響が強い国です。

そんな国で見つけた日本に関する気付き。南米コロンビアでは、どのようにして「日本」が知られているのでしょうか?

寿司とラーメンが人気!

コロンビアでは寿司とラーメンが人気

アメリカをはじめ、他の国々でもそうですが、「SUSHI」が人気です。コロンビアでも寿司屋さんを見かける事はありますが、ほとんど中国人が経営していたり、地元のコロンビア人が経営していたりします。日本人の経営者を、今まで見た事がありません。なので、寿司も生魚ではなく色々ごちゃごちゃと上に乗せた寿司が多いです。

ラーメン屋さんは、コロンビアに何店舗かあるようですが、まだ行った事がありません。以前、某テレビ局でラーメン屋を経営している日本人男性が紹介されていました。彼は、コロンビアの第2の都市メデジンに住んでいるみたいです。なかなか麺を良い感じで作る機械もないので、自分でお手製のものを作ったりと、色々工夫してラーメン屋を経営していました。

ラーメン屋には行った事がなくても、スーパーやコンビニでラーメン人気の痕跡を見る事が出来ます。日本の「Nisshin」や「Maruchan」、そして「Ajinomoto」がそれぞれカップラーメンやインスタントラーメンを販売しておりました!日本は豚を元にしたラーメンが主流ですが、コロンビアではビーフとチキンが主流の味です。

ゲームセンターが若者に人気?

コロンビアのゲームセンター

ダンシングマシーン。懐かしいですね。このように、純粋なゲームセンターもあれば、プレイステーションなどのゲームを遊べる場所まであります。ゲーム機は高く、なかなか若いコロンビア人には買えない人も多いので、プチゲームセンターみたいにゲーム機を貸し出すビジネスもあるんです!

ここのゲームセンターもそうですが、コロンビアだと最新のゲームというよりも、アメリカなどでちょっと昔に流行ったであろうゲームが到着している感じがあります。ゲームだけでなく、パソコンやスマホもそんな感じです。めちゃくちゃ古くはありませんが、「最新」ではないと思います。

日本のアニメは一部で人気?

日本のアニメはコロンビアで人気

日本のアニメは、よくYouTubeなどでコロンビア人たちに見られています。全員ではありませんが、本当に日本のアニメが好きな人は結構コアなアニメも知っています。一般のコロンビア人でも、最もよく知られているアニメは、ドラゴンボールです。ピカチュウマリオは、ゲームで知っている人が多いかもですね!

その他にも、セーラームーン、キャンディーキャンディー、らんま1/2、名探偵コナン、ナルト、ワンピースなどなど。日本でも有名なアニメは、コロンビア人でも知っている人が多いです。

ひもくみの住んでいるアパートで、こんな事もありました。それは、アパートの若いガードマンの当番のとき。結構若くてイケメンなのですが、彼のいる一階に降りた時、

「おにーちゃん!」

という萌え系の声が聞こえてきました。そして、その若いガードマンは私の存在に気付き、即座にYouTube動画を消したのです(笑)夫カミーロも、「ひぐらしのなく頃に」を知っていたくらいなので、結構色々なアニメのスペイン語版が、海賊版で出回っているみたいですね。

卓球が日本のカラオケの代わり

コロンビアでは卓球が人気

ここコロンビアでは、日本みたいにカラオケはありません。本当に歌の上手い人は路上やバスなんかで歌っています。それでは、カラオケに代わる友達との娯楽は何か?今までよく誘われたのが、卓球でした。卓球の起源はインドですが、日本や中国でも人気なスポーツですよね?

ひもくみは卓球を小学校、大学とちょくちょくやっていたので、上手い人のプレーは見慣れています。なので、正直コロンビア人たちの卓球レベルはそこまで上手くありません。なかには、上手い人もいるけどね。

卓球の他にも、ボードゲームやビリヤードなんかがある施設で、よく若い学生たちが集まっています。暇な時は、私たち夫婦もよく卓球しに行きます。いつも夫が負けますが(笑)

街中で気付いたコロンビアでの気付き

街中では、やはりアジア人は少ないですが、中国人は唯一多いようです。実際に、コロンビアで中国人コミュニティの建物を見かける事があります。こういう環境からか、きっとコロンビア人たちはひもくみを中国人と勘違いしているでしょう。そんなコロンビアで気付いた、日本とは違った街中での気付きをご紹介して行きます!

博物館がやたらと多い

コロンビアでは博物館が多い

コロンビアでは、博物館をよく見かけます。全て大きい博物館ではありませんが、ちょっとした博物館も含め多い気がします。それは、私たちの住む地域が大学や観光地の近くだからかもしれません。

博物館に関しては、またコロンビアで有名な博物館に関する記事を書くつもりなので、その時に詳細を書きますね!

至る所にガードマンが!

コロンビアのガードマンについて

コロンビアでは、至る所にガードマンの人がいます。この写真のガードマンは博物館にいた人です。その他にも、スーパーやアパートにもガードマンがいます。アパートでは、荷物チェックもされますが、そこまで厳密に見られません。

何故、そこまでガードマンが多いのか?

それは、コロンビアの富裕層たちが治安の危険に不安や恐怖を感じているので、政府も警備にお金をつぎ込んでいるからです。この話は、理系の物理専攻の大学生から聞いた話です。教育以上に警備に力を入れている事に、不満を言っていました。そんな彼も、大学を卒業して大学院は海外に行くそうです。

トイレカバーとトイレットペーパーがない

コロンビアのトイレについて

公共施設やショッピングモールのトイレは、もう少しこの写真のトイレより綺麗です!ですが、トイレが綺麗でもトイレのカバー、蓋、トイレットペーパーの無いトイレが圧倒的に多く、ちょっと困ってます。座るのも、衛生的に良くないと言われてから、空気イスで頑張ってます(笑)トイレットペーパーも無いトイレが多いと気付いてからは、いつもバッグにトイレットペーパーを持参しています。

トイレは、切実にもっと設備やサービスを良くして欲しいと思います。一度、有料トイレを使った事がありますが、本当に悲惨でした。悲惨というのは、その時女子トイレが混雑しており、何人かの女性たちが男子トイレにも回されたのです。ひもくみも例外ではなく、男子トイレに活かされました。そこで使用したトイレが、男性の大便の後で・・・。匂いも環境も最悪で、これで金取るのか・・・、と本当に萎えてしまいました。

コロンビアがもっと経済発展をして行き、生活水準やサービスが向上して行けば、改善される問題だと信じています!

ベネズエラ人の移民が最近多い

モノ売りや物乞いは、最近ではベネズエラ人が多いようです。これには、理由があります。それは、ベネズエラが国家破産してしまい、現在ベネズエラ人達は難民に近い状態で南米やアメリカ、カナダへ移住しているのです。

この背景により、コロンビアでもベネズエラ人達が大量に押し寄せ、医療機関での働き手が足りなかったり、ベネズエラ人達に職を取られたりしています。ベネズエラ人達は必死の思いでありつけた職だったりするので、どんな低賃金でも働きます。それが、コロンビア人たちの職を脅かす問題になっているのです。

しかし、この話は何もコロンビアだけの問題ではなく、日本でも起こりうる問題だと思います。もし、北朝鮮が解放されて、北朝鮮の人々が中国、韓国、そして日本に来たら・・・・。もしかしたら、コロンビアと同じような事が起こるかもしれませんね。


いかがでしたでしょうか?コロンビアに住む日本人が気付いたコロンビアのちょっとした特徴をまとめてみました。その他にも、コロンビアについてはこんな記事を書いています!

ぜひ、参考にして下さい。それでは!

コメントを投稿

0 コメント