【観光】フリーフードツアーボゴタでコロンビア料理を堪能!

【観光】フリーフードツアーボゴタでコロンビア料理を堪能!

コロンビアの食を堪能できるツアー。そう、それが「フリーフードツアーボゴタ」です!前回参加したフリーウォーキングツアーボゴタが予想以上に良かった為、今回はそのフード版のツアーに参加してみる事にしました。

先にこのツアーを説明しておくと、ツアー自体はフリー(か、ツアーガイドさんへのチップの支払い)ではありますが、フード自体はお金が発生します。と言っても、私たち2人で1,000円くらいでした。食べ物が多過ぎて、途中から紹介される食べ物を買わなかったり、1つだけ買ってシェアしたりしてたので、少し安めになっていますが、大体一人1,000円あれば満足にコロンビア料理を味わう事が出来るのではないでしょうか?

以下、目次の方に今回私たちが食べたコロンビア料理をまとめてあります。

本気で写真を撮っていなかったので、何個かのコロンビア料理が抜けているかもしれませんが(汗)伝統的であったり、人気なコロンビア料理は大体載せてあるかなぁ、と思います。

フリーフードツアーボゴタのツアー参加者と記念写真

フリーフードツアーが始まる前に、まずは皆で記念写真です!この写真はツアーガイドさんが撮ってくれましたが、私たちでも入手可能です。このフリーフードツアーボゴタに事前に登録しておくと、ツアー側からメールが送られて来て、彼らのFacebookページなどを教えてくれます。そこで、今回撮影したような参加者全員との記念写真を簡単に入手する事が出来るので、事前に登録しておく事を強くオススメしますよ!

ちなみに、こちらがツアーを登録できるウェブサイトです。

BEYOND COLOMBIA

フリーウォーキングツアーボゴタも、こちらのURLから登録可能なので、ぜひコロンビアに来た際はどちらのフリーツアーにも参加してみて下さい。

安くて美味しい:Empanada(エンパナーダ)

コロンビア料理:Empanada(エンパナーダ)

まず始めにご紹介するのが、ひもくみも大好きなEmpanada(エンパナーダ)という食べ物です。元々エンパナーダはスペイン語・ポルトガル語から派生したものなので、コロンビアだけでなく南アメリカでは人気の食べ物らしいです。このエンパナーダ単体では、正直どうってことないのですが、コロンビアの秘密のたれを使うと最高に美味しくなります。

それが、こちら!

店員さんの前に並んでいるたれ達です。たれは様々にあるのですが、中でもコロンビアで代表的なスパイシーなたれは「アヒ」と「ワカモレ」です。他にもマヨネーズなどもソースとしてありますが、エンパナーダにはスパイシーソースが非常に合います!

実際に、エンパナーダを売っているお店で置かれているたれで圧倒的に面積を取っているたれは、「アヒ」と「ワカモレ」です。

スパイシーなコロンビアのたれ「Aji(アヒ)」

こちらが、通常レストランで置いてある「アヒ」です。このたれはピリッとスパイシーなお味がしますが、そこまでスパイシー度は高くありません。また、味も濃いので、スープやエンパナーダのような薄味のものに非常に合います。ひもくみは好き過ぎて、いつもこの小さなアヒのカップをほぼ一人で使い果たすくらいに食べてしまいます(笑)

アボガドがスパイシー「Guacamole(グアカモレ)」

お次の定番ソースは、「ワカモレ」です。こちらの大きなワカモレ皿は、あるエンパナーダを売っているお店で撮影しました。こちらには、アボガドが入っているのが目でも分かります。ワカモレは、アヒに比べてスパイシー度は高めです。また、アヒよりも独特なお味がするので、好き嫌いは分かれてしまうかもしれませんね。

ボゴタのお店で売ってたEmpanada(エンパナーダ)

フリーフードツアーボゴタでエンパナーダを撮影する事をすっかり忘れていたので、私のアパートの近くのお店のエンパナーダを撮影しました。このお店のエンパナーダはちょっとデカめですが、(と言っても、携帯サイズくらい!)今回のフリーツアーで食べたのはこのエンパナーダよりかは小さめでした。しかし、味は一番美味しかった・・・。

ユッカケーキとエンパナーダ

ちなみに、今回のフリーツアーでは食べませんでしたが、上の写真にあるエンパナーダの横に並んでいる「ユッカケーキ」というのも美味しかったです。どちらもオイリーな食べ物ですが、間食に食べるには持って来いですよ!

コロンビアの定番料理:Ajiaco(アヒアコ)

コロンビアの定番料理:Ajiaco(アヒアコ)

Ajiaco(アヒアコ)と呼ばれるコロンビアの定番料理。この料理は、多くの外国人観光客も文句なしに「美味しい!」と言っておりました。フリーフードツアーボゴタでは、こんなに本格的にはアヒアコを出してくれず、小さいスープのマグカップにチキンを自由に取るスタイルでした。

ひもくみは、フリーウォーキングツアーボゴタ参加後のランチの時間に、このアヒアコを頼んだので、こちらの本格派アヒアコを写真に収めました(笑)

アヒアコはスープなのですが、かなりボリューミーで、鍋の中にチキンやトウモロコシが丸ごとが入っており、さらにご飯とメロンのようなアボガドを中に入れます。結構お腹が空いていないと、女性一人では食べるのにキツさを感じるかもしれませんね。

Ajiaco(アヒアコ)を食べたコロンビアのオシャレなレストラン

フリーフードツアーボゴタで行ったレストランは、こちらです!

ボゴタのレストランで、一番雰囲気の良い場所かもしれません。もちろん、ボゴタには他にも高級レストランはありますが、このレストランの雰囲気はあのディズニーランドのレストランみたいな感じでした(笑)

Ajiaco(アヒアコ)を食べたコロンビアのオシャレなレストラン

ほらね!オシャレでしょ?

このレストランでの食事の時間中、フリーツアーに参加されている方達との交流が比較的多かったように思います。ひもくみ達は、カナダ人の老夫婦とアメリカのカリフォルニア出身のカップルの間に挟まれ、和気あいあいと喋っていましたよ!

コロンビアの甘いデザート:Oblea(オブレア)

コロンビアの甘いデザート:Oblea(オブレア)

私はOblea(オブレア)というコロンビアのデザートを食べる前までは、正直このスイーツをバカにしていました。見た目も、そんなに美味しそうに見えなかったんです。

見た目は地味なOblea(オブレア)

こんな感じの見た目をしております。ですが、一度食べると甘くて美味しいんです!フリーフードツアーボゴタでは、チーズとブラックベリーという組み合わせで食べました。チーズは、コロンビアの伝統的なものらしく、普通のチーズとちょっと味が違いました。ツアー中のオブレアのお味は、正直に言うとまあまあです(笑)

ですが、一番最初に駅の近くのオブレア屋さんで食べたスイートミルクとキウイの組み合わせは最高でした。女の人が作っている写真にもあるように、本当に様々な種類のトッピングがあるので、色々とお味を楽しめますよ♪

「甘いのは、ちょっと・・・。」という方にはあまりオススメしませんが、甘いもの好きな方にはぴったりなスイーツ(デザート)だと思います。

甘すぎ注意?!:Chocolate Santafereño

甘すぎ注意?!:Chocolate Santafereño

簡単に言いますと、チョコレートとチーズです。Chocolate Santafereñoは、日本語の検索ワードが無かったので、あえてスペイン語そのままで載せてあります。Google翻訳を使用すると、「チョコレートサンタフェーニョ」らしいです。このGoogle翻訳の訳を信じて、ここでは「チョコレートサンタフェーニョ」を採用しましょう。

このチョコレートサンタフェーニョ。ちょっと苦い思い出があります。と言うのは、結婚したコロンビア人のカミーロ君が私たち家族に日本土産で買って来たのが、このチョコレートサンタフェーニョ。ひもくみは絶対に甘すぎるから、私の家族は好まないと言いました。しかし、カミーロ君は買って来たのです。そして、私たち家族は案の定このチョコレートティーは一切飲みませんでした。

実際に、このフリーツアーでも甘いと感じてしまいました。チョコレートサンタフェーニョはココアみたいな味でしたが、それがチョコレートと考えると、あまり好きになれなくて・・・。そこは皆さんの好みだと思うので、コロンビアに行かれた際は、ぜひチョコレートサンタフェーニョにトライしてみて下さい!

プロのバリスタが淹れる本格コロンビアコーヒー

プロのバリスタが淹れる本格コロンビアコーヒー

ラストを飾るのは、やはりコロンビアコーヒーでしたね!

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、コロンビアはコーヒーで有名な国です。スターバックスのコーヒー豆でも、コロンビア産のコーヒー豆は使用されています。コロンビアでは、スターバックスよりも「Juan Valdez(フアン・バルデス)」というカフェが有名です。リンクを貼りましたが、残念な事にJuan Valdez(フアン・バルデス)は日本にはまだ進出しておりません。ですが、現在海外の様々な国でチェーン展開されており、アジア進出の勢いも凄いので、近々日本でも展開されるかもしれませんね。

因みにひもくみは本場コロンビアのJuan Valdez(フアン・バルデス)コーヒーを飲みましたが、めちゃくちゃ美味しかったのを覚えています。日本で飲んでいるコーヒーとは比べ物にならないくらいに甘さとコクがありました。

プロのバリスタが淹れる本格コロンビアコーヒー

これだけJuan Valdez(フアン・バルデス)を紹介しておいて、フリーツアーで行った場所は全然違うカフェでした(笑)

実は、写真に写っているガイドさん!コーヒーのバリスタ経験があるからか、コーヒーを淹れ始めました。

プロのバリスタが淹れる本格コロンビアコーヒー

理科の実験で使用するようなフラスコを使用して、コーヒーを淹れる際の正しい温度になるように、温度を調整し始めます。

プロのバリスタが淹れる本格コロンビアコーヒー

そして特殊な混ぜ道具で、コーヒーをまぜまぜ。ツアーの始めの説明の時に「このガイドさん、チャラそうだな」と勝手な印象を持っていたので、こういうバリスタという特技を見せられるとギャップ萌えですよね(笑)

もちろん、ここでのコーヒーも美味しかったですよ!そして、このカフェで最後はみんな解散しました。私たちは、このツアーガイドさんに500円くらいをチップとして渡しました。

このツアー後、たまたまこのカフェでアジア人顔のカップル観光客を見つけました。このツアーでの人との交流もあってか、ひもくみは積極的にその方達に「日本人ですか?」と突然聞いてしまいました。コロンビアには滅多にアジアの人達を見かける事は無いので、かなり親近感を持ってしまったんです。実際は、アジア人顔のカナダ人でしたけどね(笑)


そんな出会いも生まれるフリーフードツアーボゴタ。いかがでしたでしょうか?食べ物ばかりで、お腹が空いてしまいますね(笑)

このツアーでは食べる事がメインですが、意外に他の外国人観光客との交流も生まれ易いツアーでした。なので、食べる事好き!人との交流好き好き!という方は、ぜひ参加した方が良いツアーだと思います。それでは、今日はこの辺で、アディオス!

コメントを投稿

0 コメント