コロンビア人のイケメンとそのまま結婚?!しちゃったお話

コロンビア人のイケメンと結婚

ラテンの国コロンビア。そんなコロンビアのイケメンと2017年にめでたく結婚する事になりました。そんなラテンの国コロンビア人のイケメンとどうやって出逢って、恋愛に発展したのか?コロンビア人の男性ってどうなの?コロンビアの恋愛事情って何か激しそう・・・等々!コロンビアの男性や恋愛観についても述べて行こうと思います。

それでは、見て行きましょう!

コロンビア人のイケメンとネットで出逢う

そんなコロンビアのイケメンの彼との出逢いは、言語交換サイトでした。その当時私ひもくみは非常に落ち込んでいた時期で、その言語交換サイトも真剣にはやっていませんでした。

また、その言語交換サイトではオタク系の男子が多く、「イケメン好きのひもくみには不向きだなぁ・・・。」と、勉強意欲もイケメンに依存してしまう私はそう考えていたのです(笑)

そこで見つけたのが一枚の画像!

コロンビア人のイケメン画像

タイプは人それぞれでしょうが、ひもくみのタイプにドンピシャでした!

この写真は何で見れたかと言うと、私たちが使用していたのがMy Language Exchange.comというサイトで、そこでは有料と無料の会員に分かれるのですが、無料でもFacebookの「いいね!」みたいな機能があり、その「いいね!」(その言語交換サイトでは"Hi!")を受けると、その人の簡単なプロフィールと共にあいさつされたという通知が登録メールに届くんです。

大体の人はプロフィール写真を使用してなかったり、使用しててもちょっとオタク系の男子が多かったり・・・、と期待してなかったのですが、彼はちゃんと写真を使用していて、プロフィールの内容も感じが良さそうでした。

「けど、こういう奴に限って女好きだよな・・・・」

と、疑いの気持ちもありました。実際に、プロフィールの最後に彼のSkype IDが書かれており、ナンパ・浮気男の特徴に当てはまると勘ぐったのです。

しかし、私はその当時人生に失望していました。今思えば、その辛さがあったからこそ今成長出来た部分も大いにあります。人生円満であれば、おそらく私からSkypeのIDを追加して彼とコンタクトを取る事は無かったでしょう。

しかし、その当時は

「少しくらい、良い目を見てもいいよな・・・(;´∀`)はぁはぁ」

そんな風に考えていました(笑)

実際彼がプレイボーイと分かれば、自然とコンタクトも無くなって行くだろうとも思ったのです。この小さなアクションが、今後の私の将来を左右する事になるとは知らずに。

My name is Camilo!

Skypeで彼のIDを追加した後、彼のプロフィール写真を見ると若干太ってました(笑)

しかし、濃い顔はひもくみのタイプだったので、彼とコンタクトを取ってみたいという気持ちが大いにありました。彼の名前は、カミーロ(実際は、カミロと呼ぶ)。最初にカミーロと聞いてから、ずっとカミーロと呼んでます。

彼とは言語交換サイトで出逢ってるので、スペイン語を学びたい日本人という認識で向こうも話しかけてきました。私も、「そうだった!(←おい)」という形で、スペイン語も少し学びつつ、彼との会話を楽しんだのです。Skype電話で話す事も、本当に多くなっ来ました。最初は電波も悪く、向こうも私の英語が聞き取りづらく、何度か言い直したりしての会話でしたが、楽しかったのを覚えています。

と言うのが、彼がよく哲学的な質問をして来たのです。彼はその当時大学生で物理を専攻していました。また、数学も得意で、数学オリンピックにも出場して銀メダルを取るほど!そんなカミーロが、

「旅行に行くなら、どういう人と行きたい?」

「あなたは、今から家に友達を招待しようと思っています。どういう人を誘いますか?」

みたいなね。ちょっとした質問でしたが、その当時は結構考えて答えてました。そして、私自身も考えさせられる質問でした。

また、私の友達も交えて長電話をした事もあり、その時は6時間以上話した事もありました。友達は先に寝てしまいましたが、私とカミーロは長々と話し、彼も「こんなに長く話した人はいない!」と言っていたほどでした。

コロンビアの恋愛観

その長電話の中でも、日本とコロンビアの恋愛観についての話もしました。と言うよりも、相手がよく聞いて来たのです。私の性格もあるのですが、結構ユニーク(悪く言えば変人)と言われて来たので、日本男子からよく引かれていました(笑)

海外男性は、私が意見を言うと「うんうん、それでそれで?」とか、「君はそう思うんだ。ぼくはーー」みたいに会話がよく続いたので、薄々私ひもくみは海外の男性と結婚するだろうなぁ、とは思ってました。

大袈裟ですが、「日本男子は寄り付かない」みたいな話をすると、「あり得ない!」とカミーロは言ってくれたのです。「コロンビアでは、そんな事はない。もっと男子は積極的だよ!」と話してくれて、私も「うん、そうだろな」と思いました。別に彼がコロンビアでラテンの国だからという訳ではなく、一般的に海外男性の方が日本人男性よりもアプローチが強い印象を持っていたからです。

コロンビアでは、友達から始まって仲良くなって行けば自然と彼氏彼女の関係になる、と普通の恋愛観を話してくれました(笑)

日本も、どちらかと言えばそういう付き合いが自然ですよね?何度かカミーロはひもくみに気があるのではないかという態度を取っており、私が怪訝そうな顔をすると、いつも「冗談で言ってるんだよ~」と茶化していたのを覚えています。また、JapaNEOメンバーであるひよこさんも恋愛のアドバイスをしてくれたのもあり、私の誕生日の時にカミーロがメッセージを送ってくれれば、気があると思おう!という結論に至ったのです。そして、実際にカミーロは、誕生日になった瞬間に祝ってくれました(笑)

そんな雰囲気にもなりつつも、私はこのカミーロ君とは付き合う事はないだろうな。

そう思ったのです。そして、そう思う私の事情もありました。

宗教観の違い

ひもくみは、ちょくちょくこのJapaNEOでも書いてますがイスラム教徒です。元々イスラム教徒だった訳ではなく、途中からなりました。カミーロとの会話でも、ビデオ会話だったので、ヒジャブを被って話してました。彼は熱心な教徒ではありませんが、コロンビアという土地柄上キリスト教徒でした。なので、私がイスラム教徒だと話したり、ヒジャブ姿でもカミーロは抵抗がありませんでした。

しかし、イスラムの女性にはある掟がありました。それは、イスラム女性はイスラム男性としか結婚できない、という掟です。

この理由に、私は今でも納得出来てません。なぜなら、女性は男性を説得させるだけの力を持っていないというのが理由だからです。男性は逆に仏教徒や多神教以外のキリスト・ユダヤ教の教徒とは結婚できるんです。それは、男性には説得させるだけの力を持っているから。

これは、納得できる部分もありますが、「本当にそうだろうか?」とずっと疑問に思ってたんです。もし男性が理解力が高い賢い男性で、女性が説得させるだけの論理性を兼ね備えていたら、女性も他のイスラムでない男性と結婚出来るのではないか?

ずーっと、そう疑問に思いながら考えてたんです。また、自分はそういう結婚をしたい願望もありました(笑)

自分の意見としても、自分自身がイスラムに入信したのにもそれなりの理由がありますし、そこが分からない男性とはお付き合い出来ないな、とは思ってました。宗教観って、本当に自分の存在意義や思想とかも全て関わってるので、そこが分かり合えない関係なんて無理じゃないですか?そう思ったんです。

カミーロと良い関係になっていた時に、この宗教観のお話をしたんです。また、イスラム女性はイスラム男性としか結婚出来ないという事も。そしたら、カミーロは怒りました。自分は恋愛対象ではないと思ったのでしょう。

しかし、私は恋愛の為に宗教を改宗するなんてもっての外!と思われたと勘違いしました。ってか、普通は私の勘違い意見が多いと思いますけどね。話し合って誤解が解けた後、私は彼に純粋にイスラムを勧めました。彼の自尊心の低さ、家族関係での問題があったためです。

コロンビアの離婚問題

彼の両親は離婚しています。コロンビアでは離婚されている方が多いという印象がありましたが、統計上で見るとあまり日本とは変わらない数値でした。コロンビアでは、2017年の離婚率は39%。日本では、2015年の離婚率が37%。本当にあまり変わらないですよね。

「恋愛事情がややこしそう」「結婚離婚を繰り返してそう」という先入観が、どうしてもラテンの国なのでありましたが、そんなコロンビアと日本の離婚率はたいして変わらないんです。

そんなカミーロも両親が離婚した家庭で、典型的なアダルトチルドレンであり、共依存の特徴を持っていました。私ひもくみもそういう特徴のある女の子でした。そして、生きづらさを感じて宗教を求めたという背景もあります。イスラームがあったからこそ、自尊心が少しずつでも高まったと思えます。

最初、彼は私がイスラムを信仰しているからイスラムを信じようとしました。恋愛には、よくありますよね。ですが、それだけは絶対にして欲しくなかったのです。私を愛するよりもアッラー(神)をまず愛して信じて!と伝えました。それは、カミーロ自身が自信を付けて強くなる為です。

この宗教観の問題は日本ではあまり馴染みが無いでしょうし、共感しづらい部分ではありますが、コロンビアの彼がキリスト教徒であった事により、神を信じるというベースはありました。あとは、イスラームの様々な誤解を解くだけでした。

コロンビア人男性の女性の捉え方

幸いカミーロにはイスラムに対しての偏見は無く、過激派テロリストというマイナスのイメージは持っていませんでした。中には、そういう偏見の塊の海外男性もいましたよ、過去には(笑)

ですが、イスラムにおける基本的な質問(例えば、1日5回のお祈りや豚肉を食べてはいけない理由など)はして来ました。私も入信する前に疑問に思った事だったので、凄く懐かしい気持ちになったのを覚えています。

また、イスラムは女性軽視をしいているというマイナスイメージはあったので、そういう質問をして来た事があるんです。

「何故イスラムでは男性だけが一夫多妻制を認められてるの?女性はだめなの?」

と言われました。これにはイスラームの歴史的背景があります。その預言者ムハンマドが生きていた当時、多神教徒の戦いでたくさんのイスラム教徒男性が戦死したことが背景にあります。戦死してしまった夫を持つ妻は、当然未亡人となります。そんな未亡人や孤児(元々、預言者ムハンマドも孤児であった)を助ける制度として一夫多妻制が生まれました。

こういう質問から感じたのは、「コロンビアの男性って女性を大切にするのかな?」と思いました。正直私はあまり意識した事がなかった疑問だったので印象に残ったのです。コロンビアでは、女性に対する呼び名が山のようにあります。私の女王や命とかまであって、日本語にすると何だか笑えますよね(笑)

ですが、スペイン語で呼びかけられると、何かしっくり来るのです。この宗教観を通して垣間見えた、コロンビア人男性の女性の気遣い。今私はコロンビアにいるので、その気遣いの理由が何となく分かります。

コロンビア人女性は気が強い!

なので、コロンビア人男性がコロンビア人女性に従う場面も結構あります(笑)

コロンビアに行ってみた!

実際に、コロンビアに行ってきました。その当時、私は日本企業で働いていたので、結構な有給休暇を取りました。上司に良い顔はされませんでしたが、自分の人生が掛かっている休みです。「この休みが取れなかったら辞めても良い覚悟です!」と伝えました(笑)

そして、いざコロンビアへ!

初めて会った感想としては、実際のカミーロは少し身長が小さめでした。ですが、ひもくみも小さめなので、ぴったしのカップルだと思いました。また、少しお腹が出始めている?!とも感じました(笑)

結構コロンビアの人たちは、太り気味の人達が多いように感じます。その原因は、おそらくでしょう。私は、コロンビア料理好きです!ですが、結構カロリー高めだとも感じます。今はコロンビアにいるので、将来私も太るのかな。。。と心配しています。

コロンビアでまた、私はハプニングがありました。実は、パスポートを失くしているんです。最終的には空港で見つけるという奇跡があったのですが、そこで日本の大使館の方に大変お世話になりました。色々相談に乗ってくれて、的確なアドバイスもしてくれました。そして、その日本大使館の方に、また近い内に国際結婚の相談もする事になろうとは、その時は思いもよらなかったのです。

さて、そのコロンビアの首都ボゴタで私たちは2週間一緒に過ごしました。正直、2年間ずっと連絡を取り合っていたので、全然違和感がありませんでした。今もそうですが、自然とお互い適度に気遣えるので、一緒にいて心地良いと感じてます。

また、カミーロと一緒にボゴタのイスラム文化センターに行き、カミーロはイスラムへ改宗もしました。そして、その次の日に、イスラム上ですけど結婚も誓い合ったのです。両親がどちらもイスラム教徒でない場合、イマーム(牧師さんみたいな人)の前で結婚を誓い合えば、宗教上は結婚出来るのです。

イスラム上では、結婚前提の付き合いが通常です。ちょっと文化の違いですね。おそらく、皆さんは結婚が早過ぎると感じるでしょうが、私は結婚して良かったと本当に思っています。ですが、法律上での婚姻はしていないのと、まだ両親には何も言ってませんでした。

イケメンコロンビア人が日本へ!

日本に来たイケメンコロンビア人

私がコロンビアから帰って来た後、まずカミーロについて母親に紹介しました。妹はすでに知っていたので、会って来たという報告だけしました。まず母親に話した理由は、母親は上手く丸め込めると思ったからです。なぜなら、カミーロはイケメンでラテン出身だから(笑)

母親はラテンミュージックやダンスが大好きです。なので、最終的には彼を気に入る自信がありました。問題は父親でした。

今まで恋愛関係の話を父と一緒にした事はなく、無口過ぎて何を考えているのか分かりませんでした。その上、私も仕事を辞めた時期で、あまり父との関係は良好ではありませんでした。母親と妹と大分話し合って、私は父親に何も言わずにコロンビアに行って彼と暮らそうとまでしてました。

ですが、さすがにそれはダメだと思い、母が父にカミーロの話をしたのです。すると、意外な事に反対はなく、母がそのコロンビア人が日本に来て私たちの家に泊まる事も許可したのです。私は、今でも父の反応は意外だと思っています。

そんな事情があり、カミーロは2017年に日本に来る事になりました!最初は東京で出会い、一緒にディズニーランドに行きました。これは、母の配慮です。私たち二人は結婚式も挙げる予定はなく、どこに行く予定も無かったので、母が私たちの為にお金を出してくれたのです。もう、感謝しかありませんね。おかげで、ディズニーランドで過ごした日々は、私たちの良い思い出となっています。

そして、実家の大阪に戻り、カミーロは私の父と初対面!絶対に素っ気ない、あるいは険悪なムードになると思ってました。しかし、意外にも父は笑顔(?!)で「Nice to meet you!」と言いながらカミーロと握手したのです( ゚Д゚)

衝撃しかありませんでした。また、カミーロはコロンビアから私の家族へお土産も用意して来ており、私の父は戦闘機が好きという事もあり、イギリスの戦闘機スピットファイアのプラモデルを渡しました。正直私たちは戦闘機名までは知らなかったのですが、父が即座に「スピットファイアや!」と叫んだので、相当好きだったんだと思います。

他にも父は頑張ってカミーロと話そうとしていたので、おそらく私たちは姉妹で男の子がおらず、初めての婿という男繋がりが嬉しかったのだと思います。一人くらいは息子が欲しかったのかもしれませんね。

カミーロが日本に来て、私たち家族と関わった事により、私も見えなかった家族の一面が見えたので、彼には感謝しています。京都や奈良、鹿児島にも家族旅行で行ったりしました。鹿児島は祖母がいて、祖母もカミーロの存在を知っていて、是非とも会いたいという話が広がり、何故か私の従弟も参加した大旅行となりました(笑)

コロンビア人と日本で国際結婚

コロンビア人男性と日本人女性の国際結婚

カミーロが日本に来た時、二人で婚姻届けを提出しました。コロンビア人との国際結婚について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして下さい。

コロンビア人との国際結婚の手続きって?宣誓書の翻訳あり!

私たちは結婚式を挙げず、ささやかながら私の友達に知らせる為のパーティーを催しました。何も話さずいきなり結婚だけを伝えた友達も中にはいたので、唐突過ぎて驚いていました(笑)

祝ってくれた友達や家族には、心より感謝します。


いかがでしたでしょうか?今回のひもくみのお話が果たして良いストーリーだったかは微妙ですが、南米コロンビアから良い男と出会えたな、という自信はあります。

この記事を書くにあたって、コロンビアの恋愛事情を書かれている方のブログを拝見しましたが、結構コロンビアの早熟した恋愛を取り上げている方が多くいらっしゃいました。

ですが、私が今回出逢ったカミーロ君は私が今回初めての彼女であり、結婚相手です。理系男子なので、お馴染みのチェックシャツにダサいファッションをしております(笑)

コロンビア男性が女好きでクラブで遊ぶ事も多いというのは否定はしませんが、私の体験談を通して、コロンビア男性全員がそうではないとお伝えしたかったのです。

誠実なイケメンを見つけられるかどうかは、あなた次第ですよ?

なんです。そういうあなたの認識も深められるような記事であったら、何よりだと思います!

コメントを投稿

0 コメント