モロッコ人のイケメンボイス男性の顔が残念過ぎた恋愛体験談


モロッコ人のイケメンボイス男性の顔が残念過ぎた恋愛体験談

観光地としても人気のモロッコ。因みにライターのひもくみは、モロッコに一度も行った事がありません。なのに、「おいおい、モロッコ人について何を語るんだ・・・・・?」と思われている方もいるかもしれません。

モロッコ人の特徴と性格

基本的に、男女共に穏やかな性格の人が多いです。モロッコ人女性については少し触れさせて頂いたのですが、フランスに植民地化されていた歴史があるからか、ヨーロッパに渡り住むモロッコ人も多く、チュニジア・アルジェリア同様西欧化が進んでいる国でもあります。モロッコの女性は美人な方も多いという印象を受けるのですが、モロッコ人男性はイケメンが少ない・・・?と実は感じております。

私だけでしょうか?TVに出て来た日本人妻を持つモロッコ人男性はかなりかっこよかったのですが、モロッコに行った友達の感想や私がオンライン上で知り合って来たモロッコ人男性で、著しくカッコイイ!と言える男性は未だにいません。

モロッコ人男性との恋愛

私は、たとえ現地に行った事が無かったとしても、何故かインターネットの世界でモロッコ人男性達と出逢います。実は、私がイスラムを知るきっかけになったのも、モロッコ人男性でした(笑)

その中でも、やはりひもくみの男友達だけあって、変わってる男子達が多かったのです。名前は、アヨーブ。アヨーブは、言語交換サイト「Interpals」で出逢った人でした。プロフィール写真も、好青年な感じで、やり取りも人当たりがよく、とっても好印象でした。そして、いつもの事ですが、彼も何故私がムスリマ(イスラム教徒の女性の事を言う)になったのか。

聞いてきたのです。そういう話から、今の現代社会における性問題や、女性としての品位についても上からですが、語りました。

「君に会えて嬉しいよ。」

と、こんな感じでやり取りをしていたのです。アヨーブとは、いい感じの友達でした。色々な悩みを書いたりして、私も何でも打ち明けられる人だなぁ、と思っていたのです。アヨーブは、モロッコで学校の英語の先生をしていたので、その事もあって英語も上手でした。そして会話では、「僕はよくモテるんだ。」みたいな事も言っていて、私も連絡のやり取りから、「そうだろうなぁ~。」と思っていたのです。

けど、このよくモテるんだ~。で気付けば良かったんですね。このアヨーブ君が、非モテ男子だという事に。

いつの日だったかは、定かではありません。ただ、このアヨーブ君。私にある日、彼の想いを伝えてきた事がありました。その時に私は、

「あなたとは会った事もないし、好きとかいう感情はないの。ごめんなさい。」

という返事をしました。しかし、この直後に私は最初に会った事もないようなアゼルバイジャンの彼に夢中になるのです。アヨーブに対しては、会った事もないからごめんなさいと言っておきながら、私はこのR氏の為にわざわざ手間暇かけてアゼルバイジャンへと赴いているのです。

一度も、会ったことないのに。

アヨーブからしたら、どう感じてたんでしょうね。少し申し訳ない気持ちもありましたが、失恋をしてまたアヨーブと連絡を取る機会がありました。ひもくみも、悪い女でした。この時、失恋の痛みから心が弱っていました。アヨーブは、「もう一度僕の事を考えてくれないか?」と言ってきたのです。

その言葉に、私の心は非常に揺れました。そして、

「友達からなら・・・・・。」

と、非常にあいまいな返事をしてしまいました。私が本当に良い女なら、ここでちゃんと断わるべきだったんです。ここから、アヨーブとのコンタクトが始まったのです。

モロッコ人の彼氏?

彼は、良い人でした。うん、それだけは今でも言えます。アラビア語も、真面目に私に教えてくれようと頑張ってたし。それに、私がただやる気無かっただけなんですが。けどね・・・・。けどねけどね・・・・・・・・。アヨーブの顔が、どうしても受け入れられなくて。。。彼は、Skypeで一緒に喋ってくれてるし、私は笑顔で楽しそうだし。

「あ、いける!」

と思ったんでしょうね。何度か、アヨーブ自身のSelfish写真を送って来てくれたんです。ただ、私はその写真を見ると何だか冷めた気持ちが芽生えるのです。というより、感じるのです。

「あ、無理だ。」

メッセージだけなら、受け入れられた人でした。そして、「メッセージ」だけならイケメンでした。一度、彼のキス顔の写真を送って来てくれた事があったのですが。私は、少し吐き気を覚えたほどでした。ごめんね、アヨーブ。彼は、今までモテてきた事を話してくれたのですが、日本とモロッコの美の価値観の違いか、文化の違いかな。そうひもくみは感じていました。

そして、アヨーブは本当に誠実な男性だと思いました。彼は、私の誕生日の時にビデオメッセージを送ってくれたのです。わざわざビデオで録画して、ハッピーバースデー・ソングを歌ってくれたのです。

"Kumiko, Happy Birthday to you~~♪ Happy Birthday to you~~♪"

アヨーブの声は、本当に美声なんです。これは、私の友達ですら認めています。しかし、彼の顔を見たら・・・・・。

世の中顔だけじゃない。それは、本当に真実だと思っています。ただ、人間には受け入れられる人とそうでないという人もいるのも、また事実。彼とは、ここからあまり連絡を取らなくなり、確かごめんなさいを言ったのだと思います。あまり、私も覚えていません。しかし、アヨーブも今後恋愛なんかしないと激しい感情をぶつけてきたのだけは覚えています。本当かどうか定かではありませんが、彼は恋愛を何度も挑戦していくべきだと思っています。

イスラム男子にありがちなのですが、失恋をした時や恋愛中に自分がまるでドラマの主役かのような振る舞いをします。なので、言う事も大げさな時が結構ある気もします。その時の感情に身を任せるのです。

私自身のあいまいな態度を反省はしていますが、それで彼に対する罪悪感はありません。

世の中の男性達は、そうやって強くなっていく。そう信じてます。多少、厳しい方が男性の為になる。これが、ひもくみの出した結論です。

女性は繊細なので言葉と態度を選ばなければいけませんが、男性は単純なとこもあって、ハードな方がむしろ、頑張る人達も多いです。こんな、モロッコからのアヨーブ君。インターネットだけでの出会いでしたが、彼が私を通して強くなった事を願っています。