インドネシアヒジャブが最近おしゃれでかわいい5つの理由

インドネシアヒジャブの流行!近おしゃれでかわいい理由とは?

皆さん、意外に思われるかもしれません。インドネシア・マレーシアではヒジャーブファッションが今流行しています。本当に様々な種類のヒジャブが売られており、なかにはコスプレに近いようなヒジャブもあります。実際に、コスプレ兼ヒジャブを着て、SNSにアップするインドネシア・マレーシア女子は多いんですよ?

そんなヒジャブ人気を支えているのが、マレーシアよりもインドネシアのようです。と言うのも、ヒジャブのマーケット市場の規模が大きいので、マレーシアや他のイスラム圏の国々がヒジャブやアバヤを買い付けに訪れるのだとか!そんな最近のインドネシアヒジャブ事情をご紹介していきます。それでは、見て行きましょう!

ファッショナブル・ヒジャブの流行

ヒジャブとは、頭を覆う布の事を言います。最近、インドネシア・マレーシア・サウジアラビアからの留学生が日本にもやって来て、このヒジャブを被った女性を日本でも見る機会は増えてきているのでないでしょうか?

ヒジャブ以外にも、アバヤというものもあります。アバヤとは、全身を覆う民族衣装であり、ロングドレスです。身体のラインを隠す為に、ゆったりとしたデザインのものがほとんどです。

民族衣装(ロングドレス)のアバヤ

自分のアバヤを着た写真ですが、このアバヤのように、黒や暗めな色のアバヤがほとんどで、ヒジャブも同様に地味なものばかりでした。

つまり、今までのヒジャブは本当にダサかったんです!!!

ひもくみがムスリマ(イスラム教徒)になった2012年当時。ヒジャーブの種類は主に黒をメインとした、オシャレっ気のない布でした。

「宗教にオシャレとか関係ないだろ!」

と思われる方もいるかもしれませんが、ヒジャブは「なるべく女性の肌を隠し、女性自身が身を守る」という意味で着けているものなので、「女性らしさ」という意味でオシャレするのはありだと思うんです。コーランにもそんな「オシャレするな!」とか書かれてないですしね。

ヒジャブを被らない方の為に、もっと分かり易く言いますと、皆さんも髪の毛を染める事がありますよね?ヘアカラーやヘアアレンジ。それで色々楽しんだり、悩んだりするかと思います。ヒジャブも、そんなもんです。むしろ、カラーバリエーションが髪と違って豊富で、しかもアレンジも自由自在なので、むしろこちらの方がオシャレを極めようと思えば難しいのです。

ヒジャーブを着けているムスリマ女性(イスラム教徒の女性の事を言う)は、自らヒジャブを被られている方が多いんですね。言ってはなんですが、高学歴女子になればなる程着けてるかな。

これも日本の例で当てはめる事が出来ます。日本の高学歴女子になればなる程、保守的な膝丈スカートやブラウス等を身に着けてる方が多いと思います。露骨なミニスカのイメージはあまりないですよね(笑)

もちろん、ムスリマ女性の中にもヒジャーブを身に着けていない方も大勢いらっしゃいます。そして、だからと言って彼らが低学歴とか卑しいとか、そんなものもありません。

イスラームとは、自身と神との繋がりです。イスラム教徒の中でも、宗教の意識が強い人もいれば弱い人もいます。そして、意識が弱いからと言って、責められる事はありません。なぜなら、アッラー(神)は寛容なお方だから。この「寛容」という意味は、本当に深いんです。コーランの中でも、そしてお祈りの言葉の中にも何度も出てきます。ヒジャブに関してさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事も参考にしてみて下さい。

インドネシアのヒジャバー人気モデルの存在

インドネシアのヒジャバ―人気モデル女性たち

インドネシアでは、ヒジャブを着たモデルさんや女優さんなどが人気なようです。彼女たちがファッショナブルなヒジャブを被ってSNSで発信している事も一つのヒジャブ人気の要因となっているでしょう。実際に、インドネシアの若者の間で人気なヒジャブモデルさん達を、Instagramを通してご紹介して行きます。

起業家「Dian Pelangi」のヒジャブファッション

インドネシア女子なら、だれもが知っているDian Pelangi。ひもくみも、美人インドネシア女子高生に教えてもらった事があります。なんと彼女はムスリムファッション事業を自ら築き上げ、起業しています。ファッションデザイナーでもあり、起業家でもあるDian Pelangi。彼女のヒジャブファッションは群を抜いて洗練されています!

韓国では、こんなヒジャブのコスプレみたいな事もしています(笑)

白のヒジャブにコサージュを付けていますが、もはやここまで来るとヒジャブには見えませんよね・・・。

Aku sematkan bunga segar di kerudungku, Terinspirasi sanggul kerudung ibuku, dulu. Ibuku, ibu Indonesia yang mengajari aku berkain, Tapi juga mengajari aku berkerudung. Dia ajari aku menari, tapi juga ajari aku mengaji. Yang mengajari aku membatik dan menenun, Tapi juga mengajari aku berakhlak santun. Dia ajari aku berkebaya, berkarya, Tapi juga ajari aku shalat dan puasa. Aku berkerudung, dan aku tetap bisa berkarya untuk mengharumkan bangsa ini, InsyAllah.. ••••••••••••••••• Karena lagu ibu pun berkata demikian, “Bangunlah jiwanya, Bangunlah badannya” Bangun jiwaku dengan keimanan, Bangun badanku dengan semangat kemerdekaan. ••••••••••••••••• Beautiful dress from @byayudyahandari thank you mba @ayudyahandari 💕 Make up by @philipekarunia Hijab styling by @willarosmilasari
Dian Pelangiさん(@dianpelangi)がシェアした投稿 -

彼女のヒジャブスタイルは、本当にファッショナブルだと思います。実際に、彼女に憧れて、Dian Pelangiのようなヒジャブ・ファッションスタイルをする女の子達は多いようですよ!

女優「Zaskia Adya Mecca」のヒジャブファッション

女優さんですが、結婚・妊娠を経て最近では子供との写真を投稿している事が多いみたいですね。なので、彼女はInstagramで日常生活も投稿しつつ、カジュアルなヒジャブファッションも公開しているようです。

Zaskia Adya Meccaさん(@zaskiadyamecca)がシェアした投稿 -

綺麗な方ですね。もう、Zaskia Adya Meccaはお母さんでもありますが、綺麗さが目立ちますね。ヒジャブファッションも、きらびやかというよりは、スウェットパンツをスリムに着こなす気軽さがあります。こういったファッションの方が、普段着こなし易いかもしれませんね。

他にも、何と妊娠している当時のマタニティ写真をアップしておりました!日本ではなかなか見当たらない光景ですよね。妊娠写真なのに、かなり顔つきが決まっております(笑)

子供抱っこしている時の顔が幸せそうですね♡ヒジャブをシンプルに着こなしているので、ファッションにこだわっている印象はありませんが、何故かおしゃれ・・・。と言う、子供を持つお母さんの理想のヒジャブ・ファッションスタイルだと思いました。

歌手「Laudya Cynthia Bella」のヒジャブファッション

歌手でもあるLaudya Cynthia Bellaさんも、Instagramでは彼女のヒジャブスタイルを結構公開しているようです。

とても女の子らしい服装ですよね。そして、顔もベビーファイスなので、めっちゃ可愛いです!!

ドアップの写真がこちらです。こんな童顔の顔つきですが、すでに30歳を超えています!恐るべきインドネシアの美人さんです。

Laudya Cynthia Bellaさん(@laudyacynthiabella)がシェアした投稿 -

何か企業用の宣伝も行っているみたいですね。彼女の女の子らしい顔つきからか、ヒジャブ・スタイルも、淡い色のものが多いのが特徴です。フェミニン系のファッションを目指す、インドネシア女子の憧れの存在なのでしょうね!

大規模なヒジャブ市場での買い付け

さて、ここからは私がバイヤーとしてインドネシアでヒジャーブを買いに行った時の体験談も交えつつ、最新のインドネシアヒジャーブをお届けしたいと思います。

インドネシア(ジャカルタ)のヒジャブ市場で買い付け

ヒジャブには様々な種類がありますが、布のクオリティも異なる為、値段もピンからキリまであります。上の紫のヒジャブは、布地をよく見てもらうと分かると思いますが、結構安価なヒジャブでした。

インドネシアのおしゃれヒジャブ

こちらのヒジャブは、紫ヒジャブよりも1着あたりの値段は高いです。そのため布地もしっかりしており、流行にも合わせたヒジャブ・スタイルをしていました。と言っても、ひもくみが買い付けにいった場所は、お店で売られている定価よりも、かなり安めの市場です。買い付けに行った場所は、ジャカルタの「Tanah abang」と「Thamrin city」です。

この2つの地域がヒジャーブの安売り地域らしく、私のインドネシア友達ハニーちゃん曰く、

「Tanah abangは確かにヒジャーブで有名だけど、価格がどんどん高くなってきてるよ。Thamrin cityに、Tanah abangの商人が移り変わって来てるのもあって、Tanah abangほどでかくはないけど、価格が安価で品質が良いのもThamrin cityでは多いんだ。」

と、商人ではないハニーちゃんがこんな情報を知っていました。Rihanna似のハニーちゃん、あなたは一体何者??とか思いながら、インドネシアでヒジャーブを買い付けてきたのです。ここインドネシアでは、中国とかと違ってどこの店も適正価格で売られていたと思います。

インドネシア(ジャカルタ)のロングヒジャブ

お次は、長めのヒジャブ・スタイルです。こちらのヒジャブは、年配のイスラム教徒女性か、お祈り用のヒジャブですね。お祈りの際、このように長さがあった方が良いと、胸元ほどの長さのヒジャブよりも、こちらのロング・ヒジャブの方を好む場合が多いのです。

ブローチやコサージュ付きのインドネシア・ロングヒジャブ

インドネシアでは、ヒジャブとコサージュやブローチといった組み合わせが流行しているみたいです。

インドネシア(ジャカルタ)のヒジャブ大規模市場

このように、市場にこれだけのヒジャブが売られています。そこへ、マレーシアや他の中東諸国のバイヤーが訪れて、これらのヒジャブを買い付けにやって来るのです。

ヒジャブを売り込むターゲティングが明確

ギャルの「盛り」ヒジャブ

この写真を見てもらうと分かると思いますが、こんなヒジャブスタイルは、明らかに若者向けですよね?日本のJKがよく気にする「盛る」髪型の、ヒジャブ・スタイルが流行中です(笑)

インドネシアの若者に人気なおしゃれヒジャブが流行中

こちらは、普通におしゃれなヒジャブです。今までのヒジャブ・スタイルはシンプルで地味なもの、またははっきりとした色合いの単一カラー色しかありませんでしたが、最近では淡い色、または重ね色のヒジャブが若者の間では人気のようです。

このように、どういうスタイルを好むかにより、ヒジャブもそのファッションに合わせる事が出来るのです。つまり、これだけヒジャブは個々に合わせたスタイルを提供できるほどに拡大し、細分化されていったのです。

ヒジャブに合わせたアバヤもおしゃれ

アバヤもおしゃれなムスリムファッションに!

ヒジャブだけではありません!今ままで黒をメインとした色合いの多かったアバヤですが、こんな色彩豊かなドレスが売られるようになっているのです。そんなアバヤに合わせたヒジャブも多く、大体セット販売されておりました。

コスプレ(?)にもなるアバヤ・ファッション

もはや、このスタイルはチャイナ服に近いですよね!ここまで来ると、ゲームのコスチュームやコスプレにも見えてきます(笑)

カジュアルなデニム素材のアバヤファッション

こちらのお店では、デニム生地でアバヤ・ファッションを販売していました。個人的には、このアバヤが一番欲しいと思いました。カジュアルだし、普段使いにも最適そう。一着欲しいと思ったくらいに(笑)


いかがでしたでしょうか?こうやってインドネシアのヒジャブモデルやヒジャブ市場を見ると、日本と全く違った文化に驚かされますよね?マレーシアよりもヒジャブの種類が豊富にあり、そして安い!なので、おしゃれなヒジャブを見つけて買いたい!という方には、インドネシアのおしゃれヒジャブを、ぜひおすすめしますよ!

また、ヒジャブについてのおすすめ記事は

です!興味がある方は、ぜひ合わせて読んでみて下さい。それでは!

コメントを投稿

0 コメント