イスラム教徒が頭に巻くスカーフ(ヒジャブ)の巻き方4種類

イスラム教徒が頭に巻くスカーフ(ヒジャーブ)の巻き方

イスラム教徒でなくても、もしあなたがイスラームに興味があり、モスクに入るような事があれば、女性はこの頭に巻くスカーフ(ヒジャブと言う)を身に付けて行った方が良いです。ヒジャブは強制ではありませんが、もしあなたがムスリマ(イスラム教徒の女性の事を言う)であり、お祈りをする際には、このヒジャーブは被らなければなりません。

そんなヒジャブですが、最近ではおしゃれな要素も強くなり、様々なヒジャブスタイルをムスリマさん達は楽しんでおります。この私のディズニーで撮った写真のように(笑)

ここでは、宗教としてヒジャーブを取り上げるのではなく、ヒジャブそのものの事情や巻き方の基本をお教え致します。ちなみに、ヒジャブ・ヒジャーブと言い方はどちらでも間違ってませんので、どちらの言い方も多用して行きますね。それでは、見て行きましょう!

スカーフの巻き方は国によって違う!

皆さん、知ってましたか?実は、このスカーフの巻き方やスタイルは国によって違ったりするんです!なので、「あれどこで買ったの?」とか、「どうやって巻いてるの?」とかとか。ムスリマさん(イスラム教徒の女性)の間でも、たまにそういう話で盛り上がったりするんです。これは、最近の「ムスリムファッション」の影響を強く受けているせいかもしれませんね。

ここからは、私ひもくみ注目した国のヒジャブスタイルをご紹介して行きたいと思います。何故全部紹介しないかって?なぜなら、アメリカとかのヒジャブスタイルも本当は紹介したかったんですけど、ウェブサイトで見ててみたら、何かダサいんです。おしゃれな巻き方や盛んにヒジャーブが売られている国々を中心にピックアップしました。それでは見て行きましょう!

トルコのヒジャブ事情

トルコのヒジャブ事情

トルコのヒジャブは、どこの国のムスリマが見てもオシャレと言います。どことなく西洋のスタイルも取り入れているからだと思うのですが、他のヒジャーブスタイルとは断トツに違うんです。また、ヒジャーブ以外で言いますと、彼女たちは基本的にヒジャブスタイルに合わせる為かオシャレなコートを着る傾向にあります。しかも、季節が暑い夏であったとしても。

道行くおしゃれなトルコ人女性達が、ヒジャブと共にコートを羽織っている。私は、トルコに行った時にそこだけとても違和感を覚えました。暑さの代償として、クールなヒジャブスタイルを確立している感じがあります。

インドネシア・マレーシアのヒジャブ事情

インドネシア・マレーシアのヒジャブ事情

インドネシアのヒジャーブは本当に凄いです!何が凄いって?

この記事でも紹介させて頂いたのですが、インドネシアは本当にカラフルで多種多様なヒジャブが多いのです。なので、私が描いた何とも言えないこの絵に写っているヒジャブ女性は、インドネシア・マレーシア女性からしたら古いヒジャブファッションの可能性大です。それほどまでに、彼女達のヒジャーブ事情は大きく変化し発展を遂げているのです。

イギリスのヒジャブ事情

イギリスのヒジャブ事情

あまりヒジャブに印象のない国かもしれませんが、実は意外にもムスリム(イスラム教徒の事を言う)はイギリスに移住しております。もしくは、留学生ね。あと、イギリス人で改宗したムスリマ女性のヒジャーブファッションへの行動力が凄いんです!

例えば、Youtuberとしてヒジャーブの巻き方を教えていたりとか。ヒジャーブやイスラムファッションの衣服を販売するECサイトを多数立ち上げていたりとか。しかも、そこで売っているヒジャブがまたおしゃれなんです。さすがは、英国!

私が描いた絵はあるイギリスのヒジャブ専門ECサイトに載っていた写真を真似たものです。何かもう、とりあえずファッショナブルですよね。

さて、ここからはあなたが巻けるヒジャーブスタイルをご紹介して行きます!ここで紹介する巻き方は、実際にムスリマ友達から紹介してもらった巻き方を独自にアレンジしています。

正方形のスカーフを三角形にした場合

よくある正方形のスカーフ。このヒジャーブの着け方は、夏や秋、春に最適!逆に、布が薄手だと、冬にはちょっと寒いかもしれませんね。あなたが正方形のスカーフを持っているならば、以下の紹介する2通りの巻き方から選んでくださいね。

トルコ風ヒジャブの巻き方

トルコ風ヒジャブの巻き方

トルコ人の友達から教えて貰った巻き方です。ですが、針を使用していない為に、あくまでトルコ人の女性が巻いているようなヒジャブの巻き方です。

正方形のスカーフを三角形にした場合のトルコ風ヒジャブの巻き方

とても簡単でしたね!このヒジャーブの注意なのですが、なるべくタートルネックや首元まであるブラウスを着る事をお勧めします。普通の衣服だと、肌が見えてしまいます。イスラム上、肌の露出は良しとされないので、もしこのスタイルで着られる方は、衣服にも気を付けて下さいね。イスラム女性が肌を隠す理由をさらに知りたい方は、こちらの記事も併せて読んでみて下さい。

インドネシア・マレーシア風ヒジャブの巻き方

この巻き方も、インドネシア人の友達から教えて貰いました。彼女たちはマチ針を使用して最後留めるのですが、私ひもくみは一切針を使用致しません。針を使用しない代わりに、よく使用しているのが2WAYブローチです。

2WAYブローチ表 2WAYブローチ裏

これは、昔ひもくみが手作りで作ったブローチです。こういう形の2WAYブローチは、結構どこでも売られていると思うので、ヒジャブに使用する際には大変便利ですよ!そんなブローチの紹介をした所で、インドネシア・マレーシア風ヒジャブの巻き方をご紹介致します!

正方形のスカーフを三角形にした場合のインドネシア風ヒジャブの巻き方

画質が悪くて、すみません(笑)この巻き方も非常に簡単ですね。

余談ですが、このヒジャーブにはひもくみ自身思い入れがあります。と言うのは、これはトルコ人の見ず知らずの女性から貰ったもらい物だからです。アラブではよくある光景かもしれません。特に日本という、ムスリム(イスラム教徒)がマイノリティーの国で過ごしている事情を説明した為に、

ムスリマ画像

そんな厳しい状況で、よくムスリムになったね。マッシャアッラー。

つまり、アッラー(神様)からあなたは祝福されているのだ。そういう風な考え方になるんですね。このヒジャーブを贈ってくれた女性は、英語も喋れませんでした。私も、カタコトのトルコ語しか喋れませんでした。その中で、何とか

ひもくみ画像

ありがとう。

と言って、この素敵なヒジャーブを貰ったのでした。こんな素敵な思い出が、トルコにはまだまだあります。トルコだけではありません。イスラムを信仰している国々には、こういった心温まるようなストーリーが多いのです。これを経験されている日本人の方もいらっしゃるかもしれませんね。

長方形のストールを巻く場合

大方のムスリマの方々が巻いている巻き方の一つだと思います。長方形のストール、またはスカーフで巻くヒジャブスタイル。こちらの巻き方も、ひもくみのこだわりで針なしの2WAYブローチを使用して説明して行きます!

かっこいいヒジャブの巻き方

この巻き方は、頭の凹凸が上手い具合に出来るので、とてもスタイリッシュな巻き方の一つだと考えております。私もたまにこの巻き方をしてますね。

長方形のストールを巻く場合のかっこいいヒジャブの巻き方

ここまでは大丈夫ですね。ここから2WAYブローチの説明なんですが、まずはブローチの針を最初に留めます。場所は、留めたい位置であればどこでも大丈夫です。

長方形のストールを巻く場合のかっこいいヒジャブの針の留め方

図のように、最後にクリップを、針が刺されてない方の反対の布に挟むんです。そしたら、あまりズレなくてなります、が!やはり、布はよくズレます(´;ω;`)

なので、認めたくはありませんが、やはりマチ針を頭上に使用して固定させた方が安定します。

長方形のストールを巻く場合のかっこいいヒジャブ

完成は、こんな感じ!どや顔の私の顔が何とも言えず恥ずかしいですが、とりあえずこれで完了です(笑)

簡単手間いらずなヒジャブの巻き方

この巻き方は、とっても簡単!楽しみたい人向けの巻き方です。この巻き方も、先ほどのかっこいいヒジャブの巻き方同様に2WAYブローチを使用し、針とクリップを交互の布で使用します。

長方形のストールを巻く場合の簡単なヒジャブの巻き方

どこに針を刺してクリップを挟むかは、きっとこの画像を見て実践すれば自ずと分かると思います。こちらのヒジャブの巻き方もよくズレて来ます(´;ω;`)

気になる方は、同様にマチ針を頭上で使用して固定化させるようにして下さいね。

長方形のストールを巻く場合の簡単手間いらずなヒジャブファッション

仕上がりは、こんな感じです。このヒジャブスタイルは、よく目にするスタイルだと思います。通常のヒジャーブは、マチ針を2,3本使用して頭上・両サイド等に散りばめます。そして、垂れ下がった布を、サイドの方に押し込めるんです。そうすれば、一般のムスリマの方達と何ら変わりないヒジャブスタイルの出来上がりです。

ヒジャブを被ると、結構ヒジャブと合わせるファッションに悩んだりするので、

ヒジャブを身に付けたムスリマファッションも、ぜひ参考にしてみて下さい♡


それでは、良いムスリムライフかイスラム見学を!アッサラームアレイコム!

人気記事超簡単なかわいいヒジャーブの巻き方を3ステップで解説!!

人気記事ニカブとブルカの違いとは?ヴェール着用禁止問題について

コメントを投稿

0 コメント