Bloggerは容量制限なし?画像サイズの変更や3つの保存先

Bloggerは容量制限は無限!画像サイズの変更や保存先

Bloggerを使用している方の最大のメリット。それは、Googleからのサーバーを「無料」で使えるということです。Googleのサーバーは当然最高です。表示速度も速いですし、容量の重い画像でも、何枚でも保存する事が出来ます。(しかも、画像容量は食わない)

しかし、そんなBloggerの特典を思う存分使いきれていない人達が多いのではないでしょうか?実は、私もこの記事を書くまではBloggerの凄さをよく分かっていませんでした。

Bloggerの容量や画像の保管の仕組みなど、いくつか実験をしていくうちに、Bloggerの構造が少し理解出来て、改めてGoogle先生の恩恵をひしひしと感じたのです。なので、ここでは

Bloggerの容量制限や画像について、Bloggerユーザーが抱えそうな疑問にお答えします。

私も実験をした事により、無駄かつ泥臭い作業をし、予想以上の時間が掛かってしまいました。みなさんには、そんな私の無駄な時間を踏み台にして、Bloggerを効率的に利用して欲しいと思います。

Bloggerのサーバーは容量制限なし

もう、これはGoogleという大物がバックに付いているからなせる業ですよね・・・。Bloggerでは、たとえ独自ドメインを取得したとしてもサーバー契約をする必要がありません。なぜなら、サーバーはGoogleが提供してくれるからです。

サーバーとは、「情報を提供してくれる機器」のことなので、これが大きければ大きいほど良いのです。例えば、私たちのパソコンにもサーバーってのは入ってるんですよ?パソコンにネットワーク上の情報提供をするハードウェアが入っているので、簡単にインターネットで情報を知る事が出来るんです。

しかし、一般家庭で使用するパソコンのサーバーだと、容量に限界があります。何万人と閲覧できるインターネットを、個人のパソコンで牛耳るなんて無理ですよね。そこで、とてつもなくデカいサーバーを持つ企業が、通常は個人にサーバーをレンタルするのです。それが、レンタルサーバー会社です。

ブログサービス会社のサブドメインを使う場合は、その企業が無料でサーバーを提供してくれます。しかし、独自ドメインを取得して自分でサイト運営を行う場合は、レンタルサーバー会社にサーバー使用料を払います。

一方、Googleと提携しているBloggerではサブドメインであれ独自ドメインであれGoogleが無償でサーバーを提供してくれます。Google先生、さすがです・・・!!

匿名画像

サブドメイン?独自ドメイン?なんじゃそりゃ。

と思った方は、こちらの記事も読んでみて下さい。

かなり基本的な説明をしているので、参考になると思います。

私は以前WordPressで独自ドメインを使用し、レンタルサーバーとも契約をしました。独自ドメインだけでなく、レンタルサーバーにもお金を支払わなければならず、その時はウェブサイト構築の勉強代として支払ったので、格安のレンタルサーバー会社を使ったのです。

そしたら、ブログの読み込みがなんと遅いことか・・・。今までBloggerを使用していた分、読み込みの速さなんて気にした事ありませんでしたが、サーバーの質によって読み込み速度に影響があると初めて知ったのです。

これを見て下さい。これが、Googleのサーバーです。

ひもくみ画像

サーバーの機器だけで、何でこんなに建物がデカいんや・・・!!

これを見た時、私は衝撃を受けました。もちろん、ウェブサイトの読み込みは早いですし、記事がバズってサーバーがダウンするという事もありません。これだけでもメリットが多過ぎますが、「サーバーが無制限で使用可能=画像を無制限で保存」する事も出来ます。

Bloggerの画像「元のサイズ」の変更方法

Bloggerの画像でよく見かけると思いますが、Bloggerの画像サイズには「小・中・大・特大・元のサイズ」とあります。

Bloggerの画像「元のサイズ」のサイズ変更方法

こんな感じでね。小(width="200")・中(width="320")・大(width="400")・特大(width="640")と、画像サイズをBlogger側が勝手に調節してくれるのです。これは、嬉しいことですよね。

しかし、特大サイズにしても、width(幅)640以上のサイズの画面で記事を書いていると、画面に余白が出来てしまいます。画面いっぱいに画像を見せたくて、「元のサイズ」を選ぶと、画像がはみ出してしまう・・・・。

Blogger「元のサイズ」の画像はみ出し問題

これで、画像を元のサイズで使う事を諦めた人は多いでしょう。最近では、Bloggerの新しいテンプレートが増え、画像を自動調整してくれるので、この画像のはみ出し問題にぶち当たる事は少ないかもしれません。

ですが、もしBloggerの古いテンプレートをカスタマイズして使いたい場合、

 .entry-content img, .entry-content iframe, .entry-content object, .entry-content embed {max-width: 100%;
}

このコードを、左サイドバー「テーマ」→「カスタマイズ」→「上級者向け」→「CSSを追加」に追加するか、「テーマ」→「HTMLの編集」

]]></b:skin>

を「Ctrl+F」の検索バーで検索し、

「Ctrl+F」で検索する方法

「 ]]></b:skin> 」の上に先ほどのコードを貼り付けて「テーマを保存」すると、画像が自動調整されて、はみ出す事がなくなります。私も、一応古いタイプのBloggerテンプレートで試してみたので、大丈夫なはず!です。

Bloggerの画像には3つの保存先がある

Bloggerの画像の保存先には、大きく分けて3つあります。細かく言うと、Google+でアップロードした画像なんかも、Bloggerでは使用できますが、ここではGoogle フォト、Google ドライブ、Google アルバム アーカイブの3つを取り上げて行きます。

紹介する順番は、画像の保存先として使い易い順に紹介して行くので、Bloggerで使用する画像の管理は、おすすめ順で使って頂ければと思います。

Google フォトが保存先の場合

Bloggerで画像を使う時、なんとGoogle Photoから使用する事が出来ます。以前までは、Google Photoから多少Google Drive内の容量が減る事もありましたが、今ではGoogle Photoの容量は「0GB」です。

Googleの「現在のストレージ」

この画像の0GBは、何も私が画像を持っていないから0なのではございません。 最近発見したのですが、Google Drive内の空き容量を増やすやり方で、Google Photoの画像容量を実質無くす事が出来るのです。

パソコンで、photos.google.com/settings にアクセスします。

[容量を解放] をクリックします。この操作を行っても、今後アップロードする写真や動画の画質には影響しません。

Google ドライブ ヘルプより)

高画質の選択はしていましたが、高画質であっても、少しGoogle Photoの容量は減少してたんですよね。それが[容量を解放]を選択すると、今まであった画像の容量が、見る見るうちに減少し、最後には0になってしまいました。

匿名画像

え、それじゃBloggerの画像容量は100%無制限で使えるんじゃ・・・

そうなんです。Bloggerは画像容量なんて気にする必要がありません。

また、Google フォトには、アルバム作成機能が付いており、アルバムごとにカテゴリで使用する画像を分ける事が出来ます。その上、アルバムは他のGmail保持者のユーザーと共有も出来るので、大変便利です。

Google ドライブが保存先の場合

Google Driveに画像を保存する場合、実はこれが一番容量を食います。基本的に、Google ドライブではGoogleドキュメントやスプレッドシート以外のPDF、Microsoftワード、エクセル、画像等々、容量を取ってしまいます。

ですが、チームで素材やデータ、カレンダー等を共有する時、Google Driveはめちゃくちゃ便利です!なので、ブログ運営を一人ではなくチームで運営している場合などは、Google ドライブの使用を統一しても良いかもしれませんね。

チームになって来ると、「G Suite」という実質のメリットがビジネス用のGメールと30GBのストレージ容量、または容量無制限がもらえるというクラウドサービスがあります。

30GBや無制限でGoogle ドライブを使えるとなると、画像の容量を気にする必要ありませんもんね。

ひもくみ画像

まぁ、個人でブログを運営する場合にはあまり必要ないかな?

と思います。

ですが、料金の方が「¥600 / 月」と少額から始められるので、ビジネス用メールアドレスやチーム運営を考えているのであれば、使ってみても良いかもしれません。私も、G Suiteを購入するかどうかはまだ悩んでおります。

Google アルバム アーカイブが保存先の場合

Google Photo以外にも、Blogger上で画像をアップロードして画像を使用していましたが、こちらも無制限使用可能です。と言うよりも、Google PhotoやGoogle Driveから画像を使用しても、最終的にGoogle アルバム アーカイブ内にある「Blogger」の中に勝手に画像が入れられてしまいます。

Google アルバム アーカイブが全ての保存先(イメージ図)

イメージにすると、こんな感じ。下書きの状態では、画像が更新されないので、どうやらネット公開した瞬間に画像がアップロードされるみたいですね。

Google内のどこから画像を使用しても、最終的にBloggerで画像が公開されると、Google アルバム アーカイブ内の「Blogger」というフォルダに画像がぶち込まれます。なので、もし画像を間違えて削除したとしても、この「Blogger」フォルダから画像を見つける事が可能です。

Google内の画像が全て繋がっているというのは、ウェブアドレス「 https://〇.bp.blogspot.com/」という「bp.blogspot.com」のURL部分が、Google フォトやGoogle ドライブの画像、そしてGoogle アルバム アーカイブ内の画像であれば、どれも一緒でした。

ただし、Google ドライブの画像以外のものは含まれません。上の写真は「Google 図形描画」で作成し、Web公開をしてそのままこのBloggerにURLを貼り付けているのですが、このURLは「https://docs.google.com/drawings/」だったので、Google ドライブのアプリで作成したものは、画像と認識されないようですね。

私は当初Bloggerでアップロードしていたのですが、それを止めました。今まで1,000以上もの画像をアップロードし続けて、画像の容量も減少せず何も問題が無かったのですが、1つだけずっと問題に思っていた事があったんです。

それが、「画像のカテゴリー分け」が出来ないことです。これがまた面倒臭かったのです。なぜなら、アップロードして、その画像をもう一度使用しようと思うと、わざわざカテゴリー分けされていない画像の中から探さなければならなかったからです。 Google Photoの存在に気付かず、ずっと非効率なやり方で画像をアップし続けていました。

皆さんは、なるべくGoogle フォトやGoogle ドライブを使用して画像をアップロードして下さいね!カテゴリーに分けると、前使った画像を選ぶ際にとても楽です。


いかがでしたでしょうか?BloggerとGoogleの仕組みに真剣に向き合った結果、見つける事が出来た発見ばかりでした。みなさんのBloggerブログの理解へと繋がってくれれば嬉しいです。それでは、一緒にブログ運営を頑張って行きましょう!

人気記事Blogger無料おしゃれテンプレートの劇的カスタマイズ方法

コメントを投稿

0 コメント