賢い人との付き合い方がわからない!友達になる7つの方法

賢い人との人脈の作り方が分からない人必見!賢い友達を作る方法

賢い人と、どうやって友達になれば良いのだろう?

賢い人たちって、少し風変わりでとっつきにくいイメージがありますよね。実際に、賢い友達ほど他の友達とは違ったコミュニケーション方法をしているような気がします。今回お話しようとする賢い人との付き合い方は、なにも賢い人だけには当てはまりません。

基本的にここに書いた方法を実践すると、あらゆるジャンルの人と友達になる事が出来ます。

その道の専門家には、賢い人も多いもの。なので、様々なジャンルの賢い人たちと仲良くなれる方法を書いて行きたいと思います。賢い人がどんな人かについては、こちらの記事で解説しているので、良ければこちらの記事も参考にしてみて下さい!

あらゆるジャンルの友達の作り方。それを考えた時に、ある動画を思い出しました。それは、メンタリストDaiGoさんのYouTube動画「スーパーコネクター」についてでした。

スーパーコネクターとは、人脈が人よりも「過剰」にある人の事を指します。過剰にあるとは、なにも人脈の数が多人ではなく、人脈が幅広いという意味です。思ってもみないジャンルの人との交流がある。そういう人は、スーパーコネクターと言えるでしょう。

この記事を書いている私自身、

ひもくみ画像

このスーパーコネクターに当てはまるのでは?

と思っています。過去に、サウジアラビア人からプロポーズされ外務省から電話が掛かって来たり、コンピューターサイエンスや物理、アート・宗教に詳しい教授の先生と繋がっていたり。

人とのコネクトもたまにやるので、母親からは

お母さん画像

銀座のママみたいやね

と言われた事があります。そんな私が語る賢い人との付き合い方。メンタリストDaiGoさんの動画でも紹介された方法(実際に、私も無意識に実践していた事もありました)もありますので、記事内に貼り付けた動画も、ぜひ参考にしてみて下さい。

それでは、ひもくみが意識・無意識に行っている賢い人との人脈の作り方。もちろん、メンタリストDaiGoさんが紹介された内容だけでなく、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい(笑)それでは、一緒に見て行きましょう!

素直に賢さを褒める

男性の中には、プライドが邪魔して相手の男性を褒める事がなかなか難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、褒める事は大事です。素直に相手のしている事に興味を持ち、凄いと思えば褒めて下さい。

私は相手の方が凄いと思えば、すぐに褒めます。そこに打算などなく、純粋に凄い事を素直に言ってしまうのです。

一時期アパレル店員のアルバイトをしていた時がありましたが、その際お客さんを過剰に褒めていたので、店長に

女性画像

「大げさな(笑)」

と笑われていた事があります。ですが、それくらいオーバーに褒めても、誰も悪いは気はしません。

むしろ、どれだけ相手も

少女画像

いや、そんな事ないですよ

と言っても、内心は嬉しいはずです。褒める事を嫌がられた事は、一度もありません。

感覚的な話ですが、褒められて嬉しいのは女性ではなく男性の方に多いような気がします。まぁ、ほとんどの男性が競争社会で戦っていますからね。そんな褒められる事も少ないのでしょう。

人は褒められると嬉しいだけでなく、その褒めてくれた人に心を開いてくれます。そうと分かって意図的に褒めるのはどうかと思いますが、思っている事を口にする。これは、非常に大事です。

大人になってくると、なかなか思っている事は口には出来ませんが、前向きな誉め言葉を口にする事は出来ます。そうは言ってもね。口で言うのは簡単ですが、実際は難しいもの。なので、初めは意識して相手の良い部分を褒めてみて下さい。

得意分野を覚えておく

これは、正直メンタリストDaiGoさんの動画を見る前までは、無意識でやってました。ですが、私ひもくみも非常に重要視している部分です。私が人との繋がりを求める際、あまり肩書きだけで友達を作りたくないと思っています。

こんな記事を書きながらなので、説得力があるか分かりませんが、今まで賢い人との付き合いで、「この人には、こんな得があるから付き合おう」なんて考えた事はありません。

むしろ、彼らの得意な事、興味のある事に私も興味を持って友達になった事の方が多いのです。人の経歴よりも、

ひもくみ画像

この人は何が好きで何が得意なんだろう?

と、その人の人間性を見るように心がけています。結果、友達を思い出す時に、その友達が何を得意としていたかがセットで思い出されます。そういう風に得意分野で覚えていると、また新たに友達が出来て、同じような専門分野を持っている人同士引き合わせる事も出来るのです。

質問をして話を聞く

これ、意外に出来る人が少ないんじゃないかなぁ。賢い人ほど、人に質問してコミュニケーションを取るのが苦手かもしれません。賢い人以外でもそうですが、人と接する時に、質問して相手とコミュニケーションを取る事はとても大事です。

ひもくみ画像

最近どう?

っていう一言でも良いですし、初対面で何かのコミュニティーに参加しているのなら

ひもくみ画像

どうして、ここに参加したの?

みたいな、英語で言う「Why?」、「What?」、「How?」の質問をすれば、大抵答えが返って来ます。そこから、その答えを受けて自分の興味のある部分に、また質問をします。そして、自分と近いものを感じれば、その人のパーソナリティーの質問

学生?社会人?何をやってた?結婚している?

そんな質問をしていく感じですかね。質問は、「あなたに興味を持っていますよ」という表れでもあるので、相手も好意的に答えてくれるでしょう。たまに質問されるのが嫌な人もいますが、そういう人は空気や表情で伝わって来るので、相手にしないこと!

コミュニケーションを積極的に取ろうとすると、たまに嫌な人と遭遇したりもします。ですが、それも全体数で言えばかなりわずかです。

匿名画像

嫌な思いをされないか・・・。

と思っても、大体の人はあなたの質問を受け入れてくれますよ。少数の嫌な事以上に良い事の方が、あなたを待っています。

私は以前イギリスに1か月だけ英語留学したのですが、そこで嫌な事もありました。あまりコミュニケーションが上手く行かなかった事もあったし、無視された事もありました。その時、その日一日ずっと部屋に閉じこもりたいと思ったのです。

しかし、その時こうも思いました。

ひもくみ画像

それ以上に良い経験をすれば、そんな思いも吹き飛ぶんじゃないか?

と。結果的に、私の考えは当たっていました。嫌な思い出以上に良い思い出や人脈も出来たし、何より今となっては嫌な思い出もほぼ忘れかけています。人間、そんなもんなんです。

コミュニティーに参加する

賢い友達やメンタリストDaiGoさんの言う「スーパーコネクター」を作るには、どこかのコミュニティーに参加する事が一番の近道です。

例えば、大学生の間では様々な学生団体がありますよね?社会人であっても、言語コミュニティーやSNS繋がりなど、色々あります。

私も今でも友達として胸を張って言えるのは、小学校の時の同級生(学校繋がり)、浪人の時の友達(予備校繋がり)、留学で作った友達(留学繋がり)、学生団体のメンバー(学生団体繋がり)などなど。

どこかしらのコミュニティーに参加して作った友達が多いのです。自分の興味のある事で、

ひもくみ画像

面白そう!

と思えば、参加します。私は通常インドアなのですが、こういう面白いイベントごとがある時は、アウトドアになります。最近でも、スペイン語勉強繋がりで出逢った人たちも多く、何かしらのコミュニティーに積極的に参加する事は、賢い人だけでなく友人を作る上で大事かな、と。

ただし、コミュニティーに参加するだけでは仲良くなれないでしょう。賢い人も、本当に出会ってちょっとした会話をするだけであれば、あまり覚えてくれないかもしれません。それでは、お互い印象に残り良好な関係を築くには、どうすれば良いのでしょうか?

一緒にバカな事をする

相手との友人関係を作るうえで最も大事なのが、お互いの時間を共有することだと思います。例えば、一緒に遊んだり、話し合ったり、旅行したり。一度でもこういった時間を共有すると、友達になれますね。

この遊びの誘いも待っているだけでなく、自分から作ってみて下さい。私は、コロンビアの日本大使館の方ですら食事に誘ってみましたよ(笑)

私も最初はお誘いする時、多少「良いのかな?」という気持ちはありましたが、

ひもくみ画像

この方ともっと話してみたい!

と思ったので、お誘いしてみました。こういったお誘いは、意外に大事です。

ただし、お誘いをする上で注意なのが、相手の興味あるお誘いをすること。相手が興味を持てないお誘いは、さすがに相手もお断りしますからね。お誘いをする前の会話で、ある程度相手が何に興味があるかは会話をしていく中で気付くでしょう。

そして、相手と会って遊ぶ時間を共有する時は、精一杯遊んだり、バカな事をすること。一緒にバカみたいな事をした友達ほど、一生ものの友人です。これは、みなさんも分かるのではないでしょうか?

相手が賢い人であったり、偉い人であったりしても関係ありません。利害関係一切なしに心の底から危ない事をしたり、バカな事をすると、その思い出は楽しかった思い出としてお互いの心に残ります。

バカな事でなくても、相手と楽しい時間を共有する。これが一番大事なことであり、信頼関係を築ける最も重要な方法です。

悩み相談をする

一緒に遊ぶ以外にも、悩み相談をする事も親しくなる為には大事かもしれません。特に、賢い人ほど自分の得意な専門分野を持っており、その分野の相談をすると、案外相談に乗ってくれる事がよくあります。

悩みを相談する際、何度も書いている事かもしれませんが、相手の得意分野でなければいけません。興味を持てない悩み相談や頼み事は、やはり人間誰しも面倒くさいと感じますからね。

私も経験ありますが、一応ブロガーとしてブログ運営をしているので、ブログを始めよういう初心者の友人に頼られると、結構嬉しいものです。自分のやっている事が認められたような気持ちになるんですよね。

そんな同じような想いで、私の賢い友人達は相談を受けて助けてくれているのかは分かりませんが、一度相談すると本当に親身になって助けてくれようとします。また、トラブルがあった時の解決が本当に早いのです。

そういった友人は、やはり私も大切にしたいと思いますし、感謝もしております。悩み相談をする事で、さらに親しくなれたりもするので、楽しい時間を過ごす以外でも、この悩み相談は友人関係構築の強い味方です!

自分も賢くあれ

もう、これはそうですよね。類は友を呼びますからね。私は決して自分を賢いとは思いませんが、常に学ぶ姿勢は必要だと思っています。学んだり、興味を持ったり。なので、賢い友達から色々な話を聞くのが楽しいです。

知的好奇心があると、他の自分の専門外のジャンルであっても、興味を持ったり全く違うジャンルの人と友達になったり出来ますもんね。賢さというよりは、常に自分の周りにアンテナを張っておく

これだけでも、会話の質は違って来るでしょう。そして、会話の中で専門的な内容が出て来て、あなたが知らない内容であれば、素直に相手に聞きましょう。そうすると、相手も丁寧に教えてくれます。

質問は、本当に便利です。自分の知識にもなりますし、そういった質問で相手とも仲良くなれるチャンスになれるのですから!

友達作りだけでなく、講演会などの場面でも、質問の上手い人と下手な人っていませんか?その質問をする事によって、何を知りたいのか?何を伝えたいのか?

核心を突く質問が出来る人は、私も心の中で尊敬をしています。相手の内容を踏まえて、さらにもう一段階上の質問が出来るんですからね。賢い質問が出来る人。そういう人が、賢い人の人脈を増やせる人なのかもしれませんね。


いかがでしたでしょうか?実体験を元にして書いているので、結構リアルな賢い人たちとの付き合い方だと思います。この人との付き合い方は、賢い人たちだけでなく誰とでも仲良くなれる方法でもあります。

コミュニケーションの取り方が難しいと感じる方がいらっしゃれば、ぜひ今回の方法を試してみて下さいね。きっと、相手もあなたに心を開いてくれるはず!

コメントを投稿

0 コメント