うさぎの『オズワルド』とは?ミッキーとの5つの関係性

ディズニーを好きになって早10年。

「一番好きなキャラクターは?」

の質問に

「オズワルドです!!!」

とはっきり答えると、必ず帰ってくる返事が…

「えっ、誰、それ?」

私は思うのです。

もっとオズワルドを知ってくれ!!

この記事はディズニーキャラクターであるオズワルド・ザ・ラッキー・ラビット(通称オズワルド)をどうしても皆に知ってほしいがための文章です。

オズワルド?誰だよ?

というそこのあなた!

ミッキー・マウスの顔で耳をウサギのようにたてに長くしたのがオズワルドです。

えっ?ミッキーに似てる…?ていうか、ミッキーじゃん!?

と思ったそこのあなた!!

実はオズワルドとミッキーは同じ親、つまりウォルト・ディズニーから生まれています。

つまり彼らは兄弟なのです。

オズワルド・ミッキー・ウォルトの悲しい関係を見ていきましょう。

オズワルドの白黒アニメ画像

(出典:プリ画像より)

オズワルドとは?

実はオズワルドはミッキーよりも早く生まれています。

なのでオズワルドの方が兄にあたります。

オズワルドはミッキー生まれる前、大人気キャラクターとして短編アニメなどに出演しています。

つまりミッキーが生まれる前の世界では、オズワルドがスターだった訳です。

しかし問題発生。

なんとオズワルドのキャラクター著作権が映画配給会社であるユニバーサルに取られてしまいました。(このためUSJが出来た頃なんかはUSJにオズワルドのぬいぐるみが販売されていたということもあったみたいです・・・)

人気キャラクターをいわば取られてしまったディズニーカンパニーは失意のどん底。

さらに、有能なアニメーター達ですら引き抜かれてしまい、ウォルトの元に残ったのはお兄さんであるロイと、親友であるアブ・ワイワークスのみ。(大丈夫か…!)

まさにディズニーカンパニーは絶対絶命、もう倒産秒読み、という状態でした。

そんなウォルトを救った、スーパースターがいます。

もうお分かりですね?

それがミッキー・マウスです。

正確にはミッキーを生み出したのはウォルトではなく、アブ・アイワークスだと言われていますが、基本的に現在のディズニーの方針や世間の皆さんの認知としてはウォルトが生み出したとなってるので、私もウォルトがミッキーの生みの親だと思って話を進めて行きます。

忘れ去られたオズワルド

ミッキーが誕生したディズニーカンパニーはすさまじい成長を遂げて行きます。

ミッキーがスーパースターとなったのはこんなアメリカから遠く離れた日本ですら老若男女あらゆる世代からその名前を知られていることからお分かりいただけると思います。

しかし、それと反比例するかのように人気が低迷していくキャラクターがいます。

それが、悲しいかなオズワルドです。

ユニバーサルの方にもウッドペッカーという人気キャラクターが登場してしまい、まるでお払い箱のような存在を受けてしまうオズワルド。

もはや顔形すらも変えられてしまったことも…。

この時のウォルトは一体どんな心境だったのだろうかと想像するだけで私なんかは胸が痛いです。

自分の子どもが無残に痛めつけられていく。

それなのに助けることが出来ない。

きっとウォルトも辛かったのではないかと思います。

こうして、ミッキーが光り輝くスーパースターになっていくほど、オズワルドはミッキーの影を吸収するかのように、暗く、人々から忘れ去られて行きました。

いつかオズワルドを取り戻せ

そして1966年。

二人のキャラクターの生みの親が亡くなりました。

ウォルトの死です。

ウォルトが死んでもディズニーカンパニーは残りますし、活動は続きます。

ウォルトが死んでもウォルトの夢は終わりません。

ミッキーや多くのスタッフがそれを支えています。

そして都市伝説的に一つの言葉が残ります。

いつかオズワルドを取り戻せ

そしてウォルトが死んでから40年。

2006年にオズワルドがディズニーに帰って来ることになるのです。

しかし、オズワルドが帰って来た時にはウォルト(親)はもういない。

きっと彼が一番おかえりと言ってほしかった人は死んでしまって会えません。

そんな世界でオズワルドは今日も生きています。

ミッキーはオズワルの影

オズワルドはミッキーの影。

私は先程、そう表現しました。

しかし実は、ミッキーこそがオズワルドの影、とも言えてしまうのが、この関係の大きなミソです。

オズワルドがもし、ユニバーサルに著作権を奪われなかったら?

もし、の話をしたらきりがありませんが考えてしまいます。

きっとミッキーは生まれていません。

ミッキーが生まれる以前のスターはオズワルドでしたので、きっとそのままオズワルドがスターとしてディズニーカンパニーを引っ張っていく存在でした。

それこそ今のミッキーの立ち位置にオズワルドがいたと考えられます。

けれど、オズワルドがいなくなってしまったから。

その代わりに作られたキャラクター、それがミッキーです。

いわば、ミッキーはオズワルドの代わり、影になるのです。

ミッキーとオズワルドの共演

ミッキーとオズワルドの共演は実はゲームが最初でした。

『エピック・ミッキー』というWiiのゲームです。

私はこのゲームをプレイしていないのですが、設定を見た時から泣きそうでした。

オズワルドがミッキーを敵視している。

自分のスターの座を奪われたと思っている。

皆から愛されていて、ずるいと。

自分は忘れられてしまったのに。

ゲームの内容はプレイしていないので、どうやって仲直りをしたのかは分かりませんが、ちゃんと二人は仲直りをして、『エピック・ミッキー2』ではミッキーとオズワルドの協力プレイも可能らしいので、そこらへんはご安心を。


私がオズワルドとミッキーが好きなのは、二人にしか言い表せない関係性が間違いなくここにはあるから、です。

ウォルトという共通項を持ちながら、全く違う人生を歩み、お互いをどこか羨ましいと思っているこのコンビを私はたまらなく愛おしいと思うのです。

いつか、オズワルドとミッキーが一緒に写っているグッヅを発見したら、私は泣いてしまう自信がある…。

コメントを投稿

0 コメント