観光名所「東尋坊」は自殺の名所?事故に遭わぬようご注意を

観光名所東尋坊の自殺と事故について

福井県にある東尋坊。ここは、福井の観光名所でもありながら、自殺の名所でもあります。景色は、本当に絶景なんですけどね。

何故、こんな美し過ぎる場所で自殺の跡が絶たないのでしょうか?

東尋坊での自殺の理由

東尋坊は夜になると異様な不気味さが立ち込める場所でもあります。あまり人目にも付かないので、自殺者の跡が絶たないのでしょう。

NPO法人の方達は、ここ東尋坊で自殺しようとする人達を必死で食い止めてます。そして、よく記事で見かけた自殺の理由。それは、2010年以前だと「派遣切り」による人が多かったそうです。

しかし、最近では自殺数が激減しているのだとか。それは、ある有名なモンスター達がきっかけとなっています。

ポケモンGOが自殺防止に?!

2016年以降のポケモンGOの流行と共に、東尋坊での自殺者数も激減しています。何でも、東尋坊ではレアポケモンが出現するらしく、そのポケモンを捕まえに今まで見かけなかった若者や会社帰りのサラリーマンが東尋坊に立ち寄るそうです。

そのポケモントレーナー達により、常に東尋坊では人がいる状態なので、自殺の抑止にも繋がります。

こんな嬉しい効果に繋がった事に対して、発明元のNiantic社も前向きなコメントを残しています。

人々が外に出ることで社会にとってよいことが起きており、大変うれしく思っています

(出典元:https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/toujinbou-pokemon?utm_term=.ofYrdr8LDK#.hnRKLKM8mO)

東尋坊からの絶景スポット

東尋坊からの絶景スポット

自殺者という暗い話を、ポケモンGOが一新してくれた東尋坊。実際、その東尋坊にひもくみは行って来ました。

東尋坊からの絶景スポット

景色は、ホントに最高なのです。この絶景過ぎる断崖も、福井の東尋坊ならではです!私ひもくみが行った時は見事に快晴だったので、写真も綺麗に写ってますよね。

東尋坊からの絶景スポット東尋坊からの絶景スポット

昼間は本当に綺麗ですが、ここが夜になるとかなり不気味になります。本当に岩ばかりなので足元も滑り易く、自殺者だけでなくとも事故も普通に起こし易い場所だと感じたので、くれぐれも気を付けて下さいね!ロープなんかも全然ないので、結構歩くのは不安でしたよ(;´∀`)

あまり目立たない東尋坊タワー

東尋坊の近くにある東尋坊タワー

東尋坊には、東尋坊タワーもあるのです!ですが、ほとんどの人があまり行ってなかったように思います。私も、この時には登りませんでした(笑)

東尋坊は絶景のイメージがありますが、ちゃんと東尋坊タワーという観光地(?)もあるんですね。

TOJINBO TOWER

写真で見ると、結構迫力あるはずなんですけどね。地方にありがちなだと思うのですが、観光場所を上手くマーケティングして活用出来てない気がするのです。ここも、改築や宣伝の仕方で、もう少し賑わう事が出来るはずです。昔からあるのを、そのままにしている感が半端なかったです。

せっかく「東尋坊」という絶景があり、良くはないですけど自殺の名所としても有名なのですから、この東尋坊タワーも話題に出来るだけの改良を施せば、もっと人が来るのではないしょうか?

市場には賑わいが♪

福井県東尋坊にある市場

そんな東尋坊付近では、市場が賑わいを見せていました。福井は、カニなどの海の幸が美味しい県でもあります。

福井にある美味しいカニ料理

以前、カニを私達家族で食べに行った事があるのですが、本当に美味しかったんです。しかも、この上の写真の一皿の量、全員の為のカニじゃなくて、一人分です(笑)

この他にも、カニ刺身やカニしゃぶという、カニを存分に使った料理も味わいました。この写真のカニも、何だか可愛らしく見えるのも、私だけでしょうか?福井は魚やカニなどの海の幸や米(も意外に美味しいです!)なんかも美味しい県なので、東尋坊にある市場なり、福井の他の観光地にある市場なりでぜひお土産として買って帰る事をオススメしますよ!

福井県東尋坊の正ちゃん

きっと、東尋坊のマスコットキャラなんでしょうね(笑)

「東尋坊 正ちゃん」と書いてあります。ゆるキャラを狙っているのでしょうか?

真冬の東尋坊でアイスクリーム

こんな感じで、最後に真冬にアイスを買って貰い、食べました(笑)

ひもくみは、家族とここに訪れたので、プチ家族旅行となりました。感想としては、やはり東尋坊の美し過ぎる絶景は、一度見てみても損はないです。それくらいに、綺麗でした。海外の絶景に負けていません(笑)

あまり福井は観光地など有名なイメージはありませんが、この東尋坊は本当に良かったので、ぜひ皆さんも訪れてみて下さいね!

コメントを投稿

0 コメント