Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

コロンビアにはなぜ美女が多い?美人女性ばかりな4つの理由

コロンビア人女性の美人写真

南米コロンビアに来る前のことです。

何人かの日本人男性に、

3人画像

コロンビアには美人が多いよね!いいなぁ~

と言われてきました。

女性である私にとって何が良いのかは分かりませんでしたが、コロンビアに来てみて思いました。

ひもくみ画像

コロンビアの女性、美人多すぎじゃね?!

女である私から見ても、見渡す限りコロンビア美女ばかり。

美人の多さに、思わず今回記事にしてみちゃいました!

コロンビアにはなぜ美女が多い?

世界には色々な国の美人がいます。

その中でも、コロンビア女性が美人という事は男性の中では有名なようです。

それでは、なぜコロンビアにはそれほどまでに美人女性が多いのでしょうか?

コロンビアの美人が多い説①:混血が多い

コロンビア人は意外と混血が多く、Wikipediaによると

ポイント
  • 先住民
  • ヨーロッパ
  • アラブ
  • アフリカ

などの血が混じっています。

色々と訳ありの他国からの人々を、わりとすんなり受け入れて来たのがコロンビア。

現代でもお隣の国ベネズエラの移民受け入れをやり過ぎたせいで、色々と問題は起きてますがそれでもちゃっかり他国の人々を受け入れています。

また、コロンビア人の中には黒人の方達もよく見かけます。

コロンビアは昔スペインに植民地されていた時代があり、その時にスペインは黒人奴隷たちを連れ込んできました。

そして、コロンビアの黒人奴隷たちの一部はカリなどの地域に住み、その祖先たちの影響により黒人も多くいるのだそうです。

コロンビアの良いところは黒人を差別する事なく、兄弟として仲良くしたところです。

この歴史的背景により、街中では肌の色が

  • ブラック
  • ブラウン
  • ホワイト

など様々な人たちを見かける事が出来ます。

また、コロンビア人たちの髪の毛の色は

  • 金髪
  • 茶髪
  • 黒髪

と様々で、これも歴史的に混血の多い国であったという証拠でもあります。

コロンビアの美人が多い説②:女性間の競争意識

ミスユニバースの世界大会では、

ポイント
  • コロンビア
  • ベネズエラ
  • メキシコ
  • ブラジル

という国々の美人女性たちは優勝候補として常連さんです。

そんな中南米の美人女性が多い中で、

ひもくみ画像

コロンビアもその一例に過ぎないのかな?

と思っています。

また、コロンビアはミスユニバースだけでなく、国内でも美人コンテストを盛んにやっています。

コロンビアのカルタヘナという地域に行った時、道に優勝したコロンビア美女たちの写真や肖像画が描かれていました。

Portal de las Reinas

このような通りにコンテスト優勝者の写真や肖像画を載せており、これを観光ツアーの時にコロンビア人のガイドが海外の人達に自慢げに見せていたのです。

やんちゃ男画像

コロンビア女性は綺麗でしょ?

とコロンビア人が誇るほどなので、コロンビア人女性達はそのような目から美を意識せざるを得ません。

その証拠に、整形手術により顔のパーツを変えてみたり、胸やお尻を大きくしたりする女性も普通にいます。

Portal de las Reinas

もう少しドアップの写真を見てみると、本当に美人な女性ばかりですよね!

また、コロンビア人の女性に

ひもくみ画像

綺麗だね!

と言っても、自信満々の笑顔で返されるので、彼女たちは自分たちが美しいという事を知っている(意識している)のでしょう。

コロンビアの美人が多い説③:マフィアの影響

コロンビアでは、特に胸やお尻を強調させた整形手術を好む女性が多くいます。

この「ボンキュッボン」な体型は、昔コロンビアにマフィアがはびこりドラッグを世界に売っていた時代の影響も大きいのです。

かなりレポーターが差別的な発言をしているビデオですが、

ひもくみ画像

コロンビア美人の現実の一部を映し出したものだと思います

コロンビアの麻薬王と言えば、パブロ・エスコバルです。

ひもくみ画像

Netflixの「ナルコス」でエスコバルを知っている人も多いのでは?

彼は世界最大の麻薬消費国であるアメリカをはじめ、世界中でコカインを密売した世界有数の大富豪の一人です。

そして、彼はコロンビアのメデジンという地域の出身で、メデジンの貧困者たちへの慈善活動を盛んに行っていました。

また、エスコバルは身なりを整えた(整形した)女性が大好きだったので、メデジンの女性達にもお金を注ぎ込んでいました。

ひもくみ画像

その中で生まれた言葉が「麻薬美人」なのです!

もちろん、パブロ・エスコバルだけでないマフィア達も整形美人たちへ出資した背景もあります。

なので、彼だけの力で生まれた言葉とは言えません。

ですが、彼の残した力はメデジンの人達にとっては絶大で、今なお麻薬美人という言葉が生き残っているほどです。

コロンビアの美人が多い説④:整形手術が盛ん

コロンビアではモデルみたいな美人さんばかりが多いのかと言うと、

ひもくみ画像

決してそうではありません!

私は首都ボゴタに住んでおりますが、どちらかと言うとナチュラル美人が多いように感じます。

ですが、コロンビア人女性に整形手術についてどう思うか聞くと、

女子学生画像

手軽に出来るし、自分の誕生日に整形手術をしたいと思ってる♪

とまるで韓国の整形手術と同じような手軽な印象を受けました。

それほどまでに、コロンビアでは整形手術が一般的に行えるのです。

また、コロンビア女性が整形手術をしたがるもう一つの背景には、成功したコロンビアの美人女性への憧れがあります。

全てのコロンビア人が大学に行ける訳でなく、労働階級の女性たちは学業ではなくミスユニバースの勝者や成功したモデルを見て憧れを抱きます。

そうした理由から整形手術を受けるコロンビア人女性も多いのですが、豊胸豊尻などの大きな手術ではリスクは付きもの。

手術をして失敗した患者さんも中にはいて、その失敗した傷のせいで亡くなる方もいるのだそう。

そこまでのリスクを抱えて行っている豊尻の手術シーンの動画がこちらです。

動画の中のマリアさんは豊尻手術の憧れがずっとあり、念願の手術を受けて終わった感想まで述べています。

ただし、動画内容に手術シーンも含まれるため、グロイのが無理な人は閲覧注意です!


他にも、コロンビア人女性についてもっと詳しく書いた記事があります。

コロンビア人女性について興味がある方は、ぜひこちらの記事も読んでみて下さい。

Reactions

コメントを投稿

0 コメント

Ad Code