韓流ドラマ歴3年!韓国ドラマのおすすめ脇役俳優・女優5選

韓国ドラマのおすすめ脇役俳優・女優のご紹介!

韓流ドラマを観出してから、3年位の新米の私。

魅了されているのは、綺麗な主役の役者さんではなく、脇役の役者さんです。違うドラマで違うキャラクターを見事に演じ分けている演技力に感心しています。

私の友達の何人かは、

みんな画像

韓流ドラマを観ていると話すと大声で怒鳴ったり、泣き叫んだりする演技が苦手で観ない

と言います。

確かにそういう場面は多くあります。

でも、よく観ていると騙したり、物を盗んだりするのには、色々な理由からで、その葛藤をする表情に魅入ってしまいます。

テレビで再放送されているドラマを観ているので、情報は古いですが、そのいくつかのドラマからわたしのお気に入りの役者さんをご紹介します。

韓国ドラマ「それでも青い日に」

同じ日に二人の女の赤ちゃんが誕生した。一人は本妻の娘、もう一人は愛人の娘として…

パク・ヒョンスク

パク・ヒョンスク画像

(出典:輝国山人の韓国映画より)

本妻役、しっかり者で上品な、賢さがにじみ出ています。

しかし、ひょんな事から愛人の子どもを育てる羽目に…

お母さん画像

葛藤しながら、耐えながらといった表情、それに落ち着いた語り口調、低めの声音にグッときます。

チョン・ヒテ

チョン・ヒテ画像

(出典:輝国山人の韓国映画より)

愛人の弟役、チンピラ役がピッタリハマっています。善良の人たちを冷血に殴って、悪知恵も凄いです。

でも、子どもの頃から悪役である姉の命令に従ってのところが多く、

お母さん画像

実は良い人なのでは?

と思います。

良心の呵責に悩むときに眼と冷徹に殴る時の眼のギャップ、眼力での演技が胸キュンとします。

※パク・ヒョンスクとチョン・ヒテは「私の心は花の雨」にもでています。

韓国ドラマ「幸せをくれる人」

幼い頃に母親を亡くしたウニ、ウナ姉妹、会社を経営する父親と幸せに暮らしていた。

が、会社の従業員であるボクエに全財産をこっそり盗られ、父親はボクエと取っ組み合いになり川に落ちて行方不明に…

キム・ミギョン

キム・ミギョン画像

(出典:輝国山人の韓国映画より)

従業員のボクエ役、完全な悪役です。苦労をして今に至っている雰囲気が身体全体からにじみでています。自分の息子の為に動くので強いのでしょうか?

絶対に口論すると負けると思う貫禄、凄みのある女の悪役です。ただの悪役ではなく、女の哀愁が感じられます。

春のワルツ」でちょっと出ていたのを覚えています。印象に残る役者さんです。

韓国ドラマ「恋はオーダーメイド」

伝統を誇る洋服店を舞台に、スーツを愛する4人の紳士たちの再起と成長、愛を描く。

ラ・ミラン

ラ・ミラン画像

(出典:JIROより)

洋服店の1番弟子の妻役、コミカルだけど、ただのコミカルではなく、深みのある演技の上にあるユーモラスな演技が好きです。どんな困難に対しても明るくたくましく乗り越えて行こうとする姿は好感が持てます。

ドラマ「帰って来て ダーリン」では、リライフセンターのメッセンジャー役で出ていました。出ているだけで何か面白いことが起きるのではとワクワク期待してしまいます。

韓国ドラマ「私はチャン・ボリ」

韓服の名家に生まれながら親たちの後継者争いに巻き込まれ、ヒロインのボリは、幼くして貧しいヘオクのトラックにひかれ、記憶喪失になる。

そのままヘオクの家でヘオクの子どもミンジョンと姉妹のように育つ。

イ・ユリ

イ・ユリ画像

(出典:Wikipediaより)

ドラマのタイトルはチャン・ボリという主役?のヒロインの名前ですが、イ・ユリ演じるヨン・ミンジョンの存在が凄すぎて、イ・ユリをメインで観ていました。

今日この記事を書く上でちょっと調べるとドラマ「私はチャン・ボリ」でイ・ユリはMBC演技大賞をとったともありました。

お母さん画像

良かったです。

可憐な表情から誘惑する小悪魔の表情、上品な表情から下品な表情、あの美貌、スタイルから手を抜かないプロ根性の演技にウットリ観ていました。

イ・ユリはドラマ「凍える華」に一人二役で出ていました。私はドラマ「私はチャン・ボリ」より先にドラマ「凍える華」を観ていたので全く違う性格の双子を演じているのになかなか気づきませんでした。

ストーリーが進んでいくうちに、イ・ユリが一人で二役しているのに気付き、凄い女優さんだなと認識するようになりました。違うキャラクターの役を上手に演じ分けていました。

ドラマ「私はチャン・ボリ」に出ている他の役者さんも演技がうまい人が多く、

お母さん画像

お互い刺激しあっていいドラマができるのかな?

と想像したりします。


以上私の勝手な想いで上げた演技上手な役者さんを5人上げました。

確かに大声で怒鳴ったり、泣き叫んだりする場面が多いです。それも韓流ドラマの醍醐味だと思います。平手打ちされてほっぺたを赤くしたり、髪の毛引っ張られたり水をかけられたり、本当に身体を張った演技、その中で共感できたり、うっとりする演技、ドラマを楽しみにしています。

韓国ドラマに関しての記事で

こんなのもあります。良ければこちらも読んでみて下さい。

コメントを投稿

0 コメント