Outlookカレンダーの予定表「誕生日」の削除する方法

Outlookカレンダーの「誕生日」が削除できない?削除方法を伝授!

WindowsのOutlookカレンダーの予定表を使っている人、結構多いのではないでしょうか?

その際に、Facebookやメールの連絡先から取って来た友人や知人の「誕生日」が勝手に登録され、Windowsのアラートで毎回お知らさせられて「鬱陶しい!」と思った事はありませんか?

親友や家族の誕生日であれば有難い機能ですが、正直会社の上司や名前だけ知っているような知人の誕生日だと、削除しておきたいと思いませんか?

ですが、Outlookカレンダーの予定表にある「誕生日」の削除方法って、なかなか分からないんですよ!実際に、筆者ひもくみも、何度も削除方法をGoogle先生に尋ねましたが、しっくり来る回答を得られず・・・。なので、Outlookと睨めっこしながら自力で誕生日の削除方法を探し出しました!

その方法はとても簡単なので、ぜひ皆さんも、この記事を読んだ後に試してみて下さい♪それでは、見て行きましょう!

「ベータ版を使ってみる」をOFFにする

Outlookカレンダーの「誕生日」削除方法「ベータ版を使ってみる」をOFF

まずは、Outlookカレンダーにログインしましょう。Windowsに入っているカレンダーだと、誕生日の削除は出来ないので、必ずPCからログインするようにしましょう。

ログインすると、「ベータ版を使ってみる」が右上にあります。通常、みなさんは知らぬ間にに「ベータ版」を使用していると思うので、それを「OFF」にします。OFFにすると、ベータ版より少しダサいデザインのOutlookカレンダーが現れます。上の写真のような画面になれば、OKです。

元々ベータ版を使用している人であれば、わざわざスイッチを入れる必要は無いので、上の画像のような状態になっているかの確認だけしておいて下さい。

「誕生日イベント」の新規作成

Outlookカレンダー「誕生日イベント」の新規作成

ここで、私の友人の誕生日を削除するのも良いのですが、個人情報を晒すのはあんまりなので、サンプルの誕生日を作成して行きたいと思います。「新規作成」から「誕生日イベント」を選びます。

Outlookカレンダー「誕生日イベント」を新規作成

私はこのように、「Sample San」を作成しました(笑)ちなみに、みなさんは元々入っている要らない誕生日があるはずなので、その誕生日を見つけておきましょう。

予定表にある「誕生日」の削除方法

Outlookカレンダー「誕生日」の削除する前の下準備

さて、先ほど作成した「Sample San」を、今度は削除して行きます。上の写真の「Sample San」の誕生日の名前をクリックすると、吹き出し、または右に「Sample Sanさんの誕生日」が出現します。そのどちらかをクリックしましょう。

Outlookカレンダー「誕生日」の削除する方法

すると、こんな画面が出てきます。上に、「誕生日を削除」がありますよね?そうです。この「誕生日を削除」をクリックすると、あなたの消したい誕生日は削除されます!削除方法は、とても簡単ですね。

私の場合は、Facebookの情報も一度統合してしまったせいか、かなりの人数の誕生日がOutolookカレンダーに収められていました。要らない誕生日を削除するのも大変でしたが、毎年何度もアラートされずに済むので、今はストレスなくOutlookカレンダーを使用しています。

大切な友人や家族だけの誕生日だけ残せば、結構便利ですよ!実際に、Outlookカレンダーの誕生日登録で思い出した友人の誕生日も多いですしね(笑)


Microsoftの提供するサービスは、なかなか分かりにくかったりしますよね。ひもくみは、Microsoft製品のSurface Pro4を購入し、画面にひびを入れてしまったので新しいのに交換し、1年も経たない内に、再び画面の残像や点滅の問題が生じ始めました。

幸い、Microsoft社はその問題に対し、Surface Pro4の無償交換を行う事を決定しました。Surfaceユーザーが、かなり苦言・苦情を言った経緯があるようです。その無償交換の記事について興味のある方は、こちらもご覧下さいませ。

MicrosoftにOutlookカレンダーの「誕生日」の削除方法を問い合わせしている人達も結構いました。尋ねて回答してくれても、そのやり方では削除できなかった人も多かった、このOutlook問題。今後も、Microsoftのサービスや製品に関して気付いた事があれば、どんどんと記事を書いて行きますね!この記事が、Windowsユーザーの助けになればと思います。

コメントを投稿

0 コメント