【インド映画】おすすめすべき感動映画ランキングTOP3

インド映画って、踊るばかりで感動するの?と思っている方!そんなことはありません。心にぐーっとくる感動映画あります!TOP3で紹介します!

Bollywood

【第3位】きっと、うまくいく

この映画、実は日本でインド映画ブームを引き起こすきっかけになったと言われている作品です。インドでも超人気な作品で、知らない人はいないと思ってOKです。この下の映画のポスターのポーズを男の子三人で撮っているものを以前見たのですが、後からじわじわくる面白さがありました( ̄∇ ̄)

3 idiots

きっと、うまくいく:作品情報より)

物語は大学の卒業生たちが再会するところから始まります。彼らの卒業した大学は、超難関理系大学です。そんな彼らの親しい友人の一人ランチョーが行方不明なので探しに行くことになります。

10年前の学生時代だった時の回想と現在のランチョー探しが同時進行します。学生たちを見ているとなんだか、キャラが濃いというか、変わり者というか、ぶっ飛んだ人たちしかいません(笑)

やはり、天才が集まっているからなのでしょうか?←型破りな自由人のランチョ―、機械よりも動物が好きなファラン、なんでも神頼みの苦学生ラージューの"三バカトリオ"が、鬼学長を激怒させたり、いろいろな騒動を起こします。。ランチョーは現在どこで何をしているのでしょうか・・・。

そんな彼らの合言葉は「きっと、うまくいく!!(All Izz Well)」です。この言葉を唱えればうまくいくから唱えようぜ!という面白い動画があります。突っ込みどころ満載で面白いので是非見てください↓

合言葉のきっとうまくいく!Aal Izz Well(アール・イーズ・ウェルの由来はイギリス統治時代のインドで夜警が街を見回るときに口にしていた言葉らしいです。なにがすごいかというと、Aal Izz Wellが元気をくれます。映画を見た後に自信がなくなりそうな時や不安なときは言おうって思いました。(笑)さすがに唇を巻いて口笛を吹きませんよ!笑

「きっと、うまくいく」を見た私の感想

映画って見る人や見るタイミングによっては受けるメッセージは違いますが、何かしら私たちはメッセージを受け取ると思います。私のこの映画から受け取ったメッセージは、

好きなことを続ければきっとうまくいく!、あきらめないで続けていこうよ!

というポジティブなものです。三バカトリオは、いろんなことに悩んで、苦しんで進んでいきます。試験に合格しないと卒業できないよ~!就職決まらないよ、どうしよう!理系の大学に入ったのに、本当は違うことをやりたいなんて親に言えない!等、どこの学生も悩むことは似てるかもしれないですね(笑)三人が困難に立ち向かっていく熱い友情に涙がでました!深い内容ですが、コメディ要素もあって飽きさせずに楽しく大事なメッセージを伝えてくれるところが見事です。

インドの厳しい就職事情

3 idiots

きっと、うまくいく:作品情報より)

インドの就職事情はどうやらハードのようです。人口も多いのでなんとなく競争率が高いイメージがつくと思います。しかしそれに加えて、インドの企業の求める人材のレベルがとても高いということが分かりました。

インドの大学進学率が過去数年間で大きく上昇していることが、人材開発省のデータで分かった。一方で学生数の増加に伴い、卒業生の就職は困難になっているもようだ。ライブミント(電子版)が8日に伝えた。同省によると、高等教育機関への進学率は2010/11年度(10年4月~11年3月)の19.4%から現在は25.2%に上昇。過去3年間の高等教育機関への進学者数は、約340万人に達した。ただ、大学進学者数の増加は、卒業生の就職難につながる側面もある。インドPHD商工会議所(PHD—CCI)の技能開発委員会のタシン・ザヒド共同委員長は、「即戦力にならない新卒者の雇用機会は十分ではない」と指摘。進学者数の増加は、失業問題を深刻化させる可能性もあるとの懸念を示した。

大学進学率が上昇、就職難深刻化に懸念も 2018/01/12 より引用)

日本では新卒には即戦力を問わない傾向が多いですよね。しかし、インドは上記にある通り、即戦力重視のようです。即戦力のある大学の生徒は逆にぴっぱりだこで世界各国から企業が採用担当者をインドに行かせます。

例えば、ITで有名なインド工科大学では逆に大学側が企業を選定しルールを敷いて就職活動を生徒にさせます。採用プロセスも驚きです。たった一日で就職説明会から内定までを行います。もちろん学生側も内定をもらったその日に入社するかしないかをきめなければなりません。約2週間ほどの期間があり、優秀な学生から就職先が決定し、最後の方にはほとんど学生が残っていないというケースもあるそうです。

参照:インド工科大(IIT)での採用活動は、一日勝負。 厳しいルールに縛られた採用競争とは。【第2回】

日本の就職活動とは違いますが、インドの学生たちが就職活動で苦悩する気持ちが分かります。(´・ω・`)口笛ふいてAal Izz Wellって言いたくなります←

それでは予告編をどうぞ!

【第2位】めぐり逢わせのお弁当

めぐり逢わせのお弁当:作品情報より)

インドのムンバイではお弁当を届ける仕事があります。ダッバーワーラ―という仕事です。お弁当の届け先を間違える確率は600万個のうちたったの1つです。想像がつきにくいですが、絶対に間違えないということです。しかし、物語の始まりは、間違いから始まります。

インドのお弁当運び屋さん

Wikipediaより)

こちらがインドのお弁当箱です!!

インドランチボックス

Wikipediaより)

イラはいつも通りお弁当を夫の為につくり、ダッバーワーラに渡します。イラの最近の悩みは夫がお弁当を残してしまうことでした。そして、夫との関係が良好でないことです(´;ω;`)おいしい料理をつくれたら、夫との関係もまた上手くなると信じて、おばさんにレシピのアドバイスを聞きながら愛を込めてお弁当を作りました。

ニムラト・カウル

(Bollywood offers trickle in for the Sardarni of The Lunchboxより)

しかし、イラのお弁当は夫ではなく、早期退職を前にしたサージャンのもとに間違えて届きます。

イルファン・カーン

(India 2013 in Review: Spielberg, Snoop and De Niro Drop in on Bollywood より )

イラの元へお弁当は空になって帰って来ました!イラは喜びます。しかし、夫に感想を聞くとお弁当の内容が異なっていたのです。そのことから、お弁当が違う人に間違って届いているとイラは気づきます。そして、次の日のお弁当に手紙を入れます。ここからお弁当箱を通しての文通がスタートします。イラが書く手紙の内容に最初はほとんど答えないサージャンでしたが、時間が経つにつれて彼の書く内容も多くなっていきます。

Lunch box movie

(Irrfan Khan's The Lunchbox Releases on Thursday より)

「めぐり逢わせのお弁当」を見た私の感想

最近は、メールやSNSで私たちは連絡をとりますね。このような時代だからこそ、手紙の良さが伝わってくる映画だと思います。私自身、子供の頃はよく手紙交換をしていました。手紙が着くまでのわくわく感が懐かしく感じます。そして、イラとサージャンはお互いが顔もどんな人かもわからないから、さらにときめきがあったのではないでしょうか。

この映画は、インド映画をあまり見たことがない方がイメージする踊るインド映画ではないです。見た後にすごく考えさせられました。ネタばれになっちゃうから言えないのがもどかしいのですが、愛について考えさせる映画のような気がします。

愛って何でしょうか。愛は時間が経つと薄れてしまうんでしょうか?あなたにとっての愛は何ですか?当たり前のことかもしれないけど、家族や恋人とコミニュケーションを取っていくのが大事なのかもしれないですね。好きとかありがとうとか。ちょっとした一言が大事になると思います。いついなくなってしまうか分からないからこそ日々を大事にしなければならないのかもしれません。印象に残った言葉を紹介します。この言葉で最後が締めくくられています。

「人は間違った電車でも正しい場所につく」

きっとあなたも映画を見ればこの意味が分かるはずです。

お弁当の運び屋「ダッバーワーラー」の秘密

ムンバイの名物と言われるダッバーワーラーですが、私たちには馴染みがないですよね。調べてみると面白い点が見つかったので、紹介します。

ダッバー(डब्बा)とは、ヒンディー語で「箱、容器」を意味するそうです。また、ワーラー(वाला)は、「~する人、~と関係した職業の人」といった意味があるそうです。つまり、字面としては「弁当箱の運び屋」といった意味になります。ルーズなイメージのあるインドでどうやって昼食の時間に間に合わせるように運んでいるかとても不思議な所ですよね。実は緩いルールがあってそれを守っているそうです。

ダッバーワーラーはお弁当を午前10時前後に回収します。(たびたび妻や母がやります。インドではまだ男女の役割を守ります)お弁当は、忙しい道路を通って最寄りの鉄道駅まで30分位で台車のような物と自転車で運ばれます。彼らはシンボルや色のある荷札のシステムを使っています。このシンボルは昼食がどこで拾われ、どこの駅に行き、最終的にどの住所の持ち主に届けられるのかまですべて描かれています。昼食は都市の電車のネットワークを使い旅をします。そして目的地の地方のダッバーワーラーがピックアップして運ばれます。昼食の時間に運ばれ、決して遅れることはありません。

How dabbawalas became the world's best food delivery system より和訳、引用)

このシンボルという物が下記の写真の物です。謎の模様に見えますよね。これを目印にお弁当たちは目的地まで運ばれていきます。

インドのお弁当

How dabbawalas became the world's best food delivery system より)

また、お弁当は必ず手作りのお弁当でなければなりません。つまり、買った物は持って行ってもらえないのです。なので奥さん、またはお母さんは必ず作らなければなりません。まさに家庭の味ですね。そもそも、美味しいカレーがあって買い食いをしたり、外食をしてもいいような気もしますが、インド人的にはやはり家庭の味にこだわりがあるようです。

ダッバーワーラーの起源はとても古くイギリスの植民地時代まで遡ります。イギリス企業で働いていたインド人の多くは、自分たちの勤務先で給されるイギリス式の食事に嫌気がさしていたそうです。宗教的(ヒンドゥー教とイスラム教)に食事が合わなかったりしていたようです。そのため、自宅で家族が調理した昼食を勤務先に届けるというビジネスが始まったそうです。

そしてもう一つ驚く点は、このダッバーワーラーの仕組みを英国皇太子チャールズや大手企業のアマゾン、フェデックスが参考に視察しに訪れているという点です。

(参考:Wikipedia

それでは予告篇をどうぞ!

【第1位】マダム・イン・ニューヨーク

English Vinglish

マダム・イン・ニューヨーク:作品情報より)

主人公はインドのマダム、シャシ。彼女は夫と娘と息子と暮らす幸せな専業主婦です。彼女はとても料理が上手です。特にお菓子作りが得意で、お菓子を販売するビジネスもしています。とっても幸せそうな毎日です。しかし、彼女には悩みがありました。英語が苦手で話せない・・・・・・。

夫はもちろん幼い息子まで英語が話せるのに私だけ話せない(´;ω;`)「お母さんは英語が話せないから、恥さらしだから、お父さんがいい!」とまで言われてしまいます。娘に「ジャズ」と言えず「ジャァアズ」と言ってしまったことを馬鹿にされてしまいます(´・ω・`)シャシはとても傷ついていました。

シュリデビ

(ENGLISH VINGLISH song Dhak dhuk: Why is Sridevi so nervous? より )

しかし、そんな彼女にチャンスが訪れます。ニューヨークにいる姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれたのです。「英語が苦手なのに、私だけで先にニューヨークにいけるのかしら?」と不安を感じますが、渡米しました。思っていた通り、ニューヨークでは英語が話せないと大変な思いを何度も経験します。カフェで上手に注文できなかったりとつらい思いをしてしまいました。そんな時に見つけたのが、

「4週間で英語が話せる英会話学校」

これだ!!シャシは家族に内緒で学校に通うことにしました。ここで同じように英語を話せるようになりたい外国人の仲間と出会います。仲間と一緒に英語を学ぶのはとても楽しく、新しい言葉を覚えることに幸せを感じるようになります。

マダム・イン・ニューヨーク
(English Vinglish- Praise for Gauri Shinde より)

しかし、家族にばれないように英会話学校に通うのは困難でした。家にいなければいけないからです。シャシはいろいろな工夫をして英語を学ぼうと努力します。

「マダム・イン・ニューヨーク」を見た私の感想

シャシのガッツポーズが私は大好きです♡♡英語ができなくて、からかわれているシャシを見ていて、私も一緒に涙が出てしまいました(´;ω;`)お菓子しか作れないとまで言うなんて本当にひどい!って←シャシ自身も、家族だからって侮辱されるのはおかしいと思っていました。でも彼女は、逃げるのではなく自分の弱さを克服しようとしました。素晴らしいですね^^そして、挑戦することで彼女の世界が広がりました。私たちも日々を生きていく中で、壁にぶつかったり、自分に自信を失ったりすることがあると思います。

でも、それに立ち向かっていくことで楽しさや新しい発見があるのかもしれません

だから、一度挑戦してみましょう!頑張る勇気が欲しい!と思ったらぜひこの映画を見てみてくださいね^^シャシが英語を楽しそうに勉強している姿をみて私も一緒に幸せになりました。私も英語を勉強しよ~~っと!!いう気持ちになります。結婚式のアイテムソングも爽やかで楽しそうでいいですね(*´ω`*)

主演女優「シュリデヴィ・カプール」について

なんと映画撮影時は50歳です。とてもそうは見えません。美しすぎます。実はシュリデヴィは国民的大女優でした。約300の映画に出演したと言われています。また、映画界への貢献が認められ、インドで文民に贈られる第4位の賞であるパドマ・シュリ賞も受賞しています。結婚後、女優を休業し久しぶりに女優として戻ってきたのがこのマダム・イン・ニューヨークです。

マダム・イン・ニューヨーク 女優

インドの大女優シュリデヴィさん、溺死…54歳 より)

若いときも美しすぎます!

シュリデヴィ 若い頃

B'day: श्रीदेवी को 'काटे नहीं कटते' समेत इन गानों ने बना दिया था रातों रात स्टार より)

彼女の美貌を保つ秘訣は何でしょう?

●健康的な食生活(野菜や水をたくさん、もちろん揚げ物やジャンクフードはNG!)

●娘と過ごす時間を大事にする

●パワーヨガ

●ポジティブ・シンキング

●ヘッドマッサージで血液の循環を促す。フルーツのフェイスパックも。

●日常のコスメは、リップグロス、アイライン、ラ・プレリーのプラチナクリームだけ

●就寝前のメイクオフをしっかりと

●ケミカルプロダクツはなるべく控える

●歳をとることを素直に受け入れる

●自分を十分に甘やかすこと(その価値が私たちにはある、とシュリデヴィは言っています)

ボリウッド女優の美貌を支える、シンプルケア十か条より引用)

セレブの美容法はとてもお金がかかってハードルが高いイメージがありましたが、シンプルなものばかりですね。私も実践できそうなものがいくつかありました。

そんな彼女ですが、今年2018年2月24日に54歳という若さで亡くなりました。

訪問中だったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイでホテルの浴槽での水死だったと発表されました。おいの結婚式に出席するためUAEを訪れていたシュリデヴィさんの死因は当初、心臓発作と伝えられていましたが、水死ということです。ファン、一般人だけではなくボリウッド男優、女優たち、そして監督が彼女の早すぎる死に悲しみが広がりました。




心よりご冥福をお祈りいたします。

最後に予告編をどうぞ!


いかがでしたか?

感動するだけではなく勇気をもらえたり自分のことを見つめ直すきっかけにもなってくれる映画を紹介しました。休日や雨の日にぜひ、インド映画の世界に挑戦してみてください♥

コメントを投稿

0 コメント