ラマダーン(断食)はダイエット効果あり?健康や体への影響

ラマダーン(断食)のダイエット効果や健康(身体)への影響

イスラム教徒たちは、一年の内に1ヶ月間断食を行わなければいけません。その1ヶ月の月を、ラマダーン月と言います。本来、断食は宗教的な行いなので、ダイエット効果なんてものを持ち出すのも不謹慎かもしれませんが、健康に良いとされているのは医学的にも確かなようです。それでは、断食が身体に与える影響について詳しく見て行きましょう!

ラマダーン(断食)はダイエット効果あり?

ラマダーン(断食)のダイエット効果(脂肪燃焼・快便)

断食をするとエネルギーが入って来なくなるので、体を動かす為のエネルギー源は脂肪を分解させる事によって使われます。脂肪が燃焼されるので、ダイエット効果が期待できますね!また、脂肪に多く蓄積されている有害物質も一緒に分解されて排出されるので、身体の健康にも効果があります。

内蔵機能にも影響があります。断食をする事により、食物が体の中に入って来ないので、胃腸を休ませることが出来ます。そうなると、消化に使われていたエネルギーが血液循環や代謝に使われるようになるため、腸の老廃物が排出されて、便通が良くなります。また、血液循環のエネルギーにより、血流が良くなります。そうなると、新陳代謝が良くなり痩せやすくなるのです。

私の場合は、ラマダーン中に断食をすると体重が1~2 kgは減ります。また、外見からも痩せたと分かり易いのか、よく「痩せたね!」と言われます。これも、断食中に脂肪が燃焼されたり、血流改善されている証拠かもしれませんね!

ラマダーン(断食)は健康や体に良いのか?

ラマダーン(断食)は健康や体の影響(美肌効果・老化と病気の予防)

断食をする事により、体の悪そうなものまで外に排出されているような感じがします。果たして、体重の減量や快便といったものは医学的にも正しいものなのでしょうか?

肝臓は体内の毒素を解毒してくれる器官なのですが、断食中に有害物質は入って来ないので、その間に残っていた有害物質を解毒してくれます。有害物質などが体外へ出て行くと、臓器の働きが活性化するので、新陳代謝が活発になり肌のターンオーバーや細胞の修復・再生の働きが良くなり美肌にも繋がります。

また、本来胃腸に使われるエネルギーが血液循環にも使われる事により、血中の悪玉コレステロール値を下げる効果もあると言われています。悪玉コレステロールとは、正式名称は「LDLコレステロール」であり、これが増え過ぎると心筋梗塞や脳卒中などの重い病気を引き起こす可能性があります。断食は、不足したエネルギーを悪玉コレステロールで補う為、悪玉コレステロール値が低くなるのです。

他の効果としては、血液循環により肌色や肌質、髪質が改善され綺麗になったり、冷え症や肩こりなどの改善にも繋がります。また、断食はお肌の敵である活性酸素を除去してくれます!活性酸素は紫外線やストレス、睡眠不足などによって生成され、老化や病気の原因になると言われています。そんな活性酸素が断食により生産量が減少し、老化や病気の予防にもなるのです。

感覚器官にも良い作用があります。五感が鋭くなり、頭が冴えたり、聴覚も視界もはっきりとするようです。特に変化が大きいのは、味覚です。舌が敏感になる事で、味の濃いものや加工食品を遠ざける傾向にあるからです。そうすると、自然と断食後も健康的な食生活を送り易くなります。

ラマダーン(断食)にはこんなデメリットも!

ラマダーン(断食)のデメリット(イライラ・集中力や筋力低下)

断食は、良い事ばかりでもありません。もちろん、空腹に陥るので、イライラし易くもなります。実際に、イスラム教徒で断食している人の中で、いつもよりもイライラしている人達もいます。また、学校の試験であったり、何か集中しないといけない課題に対して、どうしても集中力が低下してしまいます。私は大学時代に一度、断食を言い訳に試験で「ここの範囲が、断食の影響により勉強がよく出来ませんでした。」と答案用紙に書いて提出した事があります。そして、まさかの合格でした(笑)

※良い子はマネしないように!

体内のデメリットとしては、筋肉量が低下するようです。私は筋肉が元々ない為、変化は分かりませんが、筋肉以上に断食をすると必ずと言っていいほど起こる問題があります。それは、ニキビ口内炎です。しかも、口内炎に関してはめちゃくちゃ痛いです。他のデメリットとしては、イスラム教徒によっては「ラマダーン中に、太った!」というような人もいるようです。何故、そんな太るような事が起こるのでしょうか?

ラマダーン(断食)明けの食事や水の注意点

ラマダーン(断食)明けの食事や水(食べ過ぎ)注意!

先ほど筋肉量の低下を述べましたが、断食により栄養が入って来ない代わりに、この筋肉を分解して栄養として使ってしまうのです。その結果、代謝が落ちて痩せにくい体質となってしまいます。また、代謝だけでなく身体が生命の危機として判断し、脂肪を溜め込みやすい状態を作り出してしまいます。なので、断食を終えてからの食事で食べ過ぎてしまうと、一気にリバウンドし易くなってしまうのです。

多くのムスリム(イスラム教徒の事を言う)が断食後にいつもの食事以上に食べたり飲んだりしてしまいがちですが、この食べ過ぎが太ってしまう原因となってしまいます。この断食中は、太りやすい体質となっている事を自覚して、断食明けの食生活に注意しなければいけません。と言っても、断食はしんどいという事も分かるので、食べ過ぎてしまう気持ちも分かります。ですが、断食により胃も小さくなっているはずなので、思っている以上に食べれないでしょう。なるべく最初に一気に食べるのではなく、少しずつ食べるようにしてみて下さい。そうすれば、だんだんとお腹が膨れて来て、そんなに食べなくてもお腹がいっぱいになって来るはずなので!

断食明けに効果的!なつめやし(デーツ)とは?

なつめやし(デーツ)とは一体何?

イスラームのラマダーン月の断食に、預言者ムハンマドはミルクとナツメヤシを飲んで食べたと言われています。預言者ムハンマドも食べたという事は、かなり長い歴史のある食料ですよね!紀元前からあったとされるのが、このナツメヤシです。ナツメヤシ(デーツ)は、中東や北アフリカで主に実っている果実です。長期的に保存ができ、雨の少ない砂漠地帯でも育つため、アラブやアフリカの人々にとっては大切な食料です。

また、なつめやしは国によって甘さや固さが全然違います。私が日本でよく食べたのはチュニジア産のナツメヤシですが、さらに甘くて人気なデーツはサウジアラビア産です。イスラム教徒の方達は、このデーツをそのまま食べたり、ジュースにして飲んだりしています。ナツメヤシは上の写真のような形状から、あまり美味しそうには見えませんよね?ですが、甘いだけでなく実はかなり栄養価の高い果実であることが判明しているんです!

なつめやし(デーツ)の驚くべき効果!

ナツメヤシの驚くべき効果!ミネラル・食物繊維・ビタミン

マグネシウム、鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルや食物繊維が豊富に含まれ、その含有量は果実の中でも断トツです!ビタミン類(E・B1・B2・B6・ナイアシン、葉酸、パントテン酸等)も多く含まれていますよ!ミネラル類には、高血圧を防ぐのに血圧を調整するマグネシウムや、血糖値の上昇を抑制するインスリンの分泌を助ける亜鉛など、生活習慣病の改善に繋がるようなものが多く含まれています。

また、マグネシウムは特に万能で、イライラや不安の原因にもなるカルシウムやセロトニン不足を改善する働きもあります。その他マグネシウムには、腸を整える作用もあるのでお通じも良くなるそうです。

ミネラル類の一つ鉄分も多く含まれているので、貧血気味の女子には貧血予防に、ナツメヤシをかなりおすすめします!カリウムはむくみの改善・解消を促し、カルシウムは骨粗しょう症や認知症予防へと繋がります。

ビタミン類では、脂質を燃焼させるビタミンB2と糖質をエネルギーへと変えるビタミンB1が含まれていたり、若返り効果があるビタミンEも含まれているので、ダイエット若返りに効果があります。また、あの万能ビタミンCの働きをサポートするパントテン酸も豊富に含まれているため、美肌効果にも役立っています。


いかがでしたでしょうか?断食もそうですし、断食明けに食べるナツメヤシ(デーツ)もこんなに体に良いものだったとは思いもよりませんでした。「断食はしんどそう・・・」という固定観念が薄れ、実は健康に良くダイエット効果もあるという良いイメージが浸透してくれれば嬉しいです。

個人的に、断食は肉体的な苦痛以上に精神的な苦痛の方が大きいと思っています。なぜなら、「お腹空いた。しんどいな・・・。」と思っている時と、「今日も一日頑張ろう!」と思っている時とで、断食を行う心境が全然違うんです!断食中は、自己の振り返りや己に勝つという精神的な面で深く考えさせられる事もしばしばあります。

そんな身体的にも精神的にも良い事ばかりの断食。イスラム教徒だけでなくても、健康の為にも一度断食に挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを投稿

0 コメント