ボゴタのモンセラーテの丘にスラム街を通って登ってみた。

コロンビアのボゴタにあるモンセラーテの丘に登ってみた。

ボゴタには、いつ見ても目立つ山(丘)があります。その一つが、モンセラーテの丘。関西学院大学時代に短期留学したオックスフォード大学。そこで出逢ったカナダ出身のN君とひもくみたち夫妻。そして、フリーウォークツアーボゴタで知り合った謎のペルー人(笑)

その4人で、このモンセラーテの丘を目指す事に決めました。本当は私の夫カミーロのコロンビアのお友達もお誘いしていたのですが、来ませんでした。何故かって?彼らは、あるモンセラーテの丘に伝わる都市伝説を信じていたからです。それは、モンセラーテの丘をカップルで登ると破局する?!という噂です。

果たして、その都市伝説は真実だったのでしょうか?私たちカップルはモンセラーテの丘を登ってしまいましたが、私たちの関係はこの登山の影響で別れてしまうのでしょうか・・・?

ボゴタ一高い高層ビルからスタート!

ボゴタ一高い高層ビルの見学

本当は、このボゴタ一高い高層ビルの上から景色を眺めるつもりでしたが、日曜日がたまたまコロンビアの選挙日だった為、高層ビルの見学が禁止され、結局行く事は出来ませんでした。残念!

モンセラーテの丘を徒歩で歩く?

ですが、この高層ビルの道のりからモンセラーテの丘に登る事にしました。その時ひもくみはまだこの道のりが危ないという事には気付かなかったのです・・・。

良い子はマネしないでね!スラム街を通ってみた

モンセラーテの丘の間のスラム街

この写真では、まだ安全そうに見えますよね。私たちは当初モンセラーテの丘に歩いて登るつもりでした。ですが、何故かは分かりませんが、登る事がその日は出来ず、ケーブルカーを使うしか方法はありませんでした。

そのケーブルカーに乗る道のりで、私たち一行は人に道を尋ねながら行く事になり、そこである怪しげな道のりを見つけるのです。旦那のカミーロは、その道のりを進んで行くのに気乗りしていませんでした。 ですが、カナダ出身のN君が興味を持ち、「進んでみよう!」と提案したのです。私ひもくみ以外3人男性がいるし、まだ明るい時間帯だったので、大丈夫だろうと判断し、皆でボゴタのスラム街の道のりへと進んで行く事にしました。

モンセラーテの丘の道のりの途中にあるスラム街

あまり写真は撮れなかった(少しの恐怖心のせいで)のですが、勇気を持って何枚か写真を撮る事が出来ました。

モンセラーテの丘の道のりの途中にあるスラム街

面白いと思ったのは、スラム街のすぐ隣に大学や高層ビルが立ち並び、格差社会をまざまざと見せつけられるところです。コロンビアは格差が激しい国で、富裕層から貧困層までのステータスのランク付けがあります。私たちが通ったスラム街のランクは、ほぼ底辺に近いのでしょうが、そのスラム街のすぐ近くに大学やビルなどがあり、ステータスも上位クラスの人達が住んでいる地域が並んでいる。それが、何とも印象的でした。

そんな道のりを写真撮影をして楽しみながら歩いていました。ずっと真っすぐでしたが、道のりの途中に警察犬3匹を従えていた警察官に会い、「ここは危ないから、早めに進んで行った方が良いよ」と忠告されました。そして、その忠告されたすぐ後に、一組の若者グループが道の途中にいるのを発見します。見るからに、スラム街出身の若者たち。そして、その若者の中心に一人だけ年老いた男性がいました。ボスの風格があり、手には棒が握りしめられていたのです・・・!

(;´∀`)(;´∀`)(;´∀`)(;´∀`)

この道のりを通るのか・・・・。嫌だなぁ、と感じていたら、その棒持ちのボスが座っていた姿勢から立ち上がり、こっちの方に向かって来たのです!

今日初めて出逢って意気投合し、私たちに付いて来たペルー人F君は背を向けて「タクシーを拾おう」と言い出します。その態度からか、若者+ボス集団は私たちをあざけ笑います。

( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)ビクビク

え、何?めっちゃ怖いんやけど・・・・・・・・・。そんな光景を見たN君は、「え、何?大丈夫だよ!あの老人は足が悪いから棒をステッキ代わりにして歩いてるんだよ」と一人何故か前向き(笑)そして、さきほど出逢った警察官にまた出会い、事情を説明します。ですが、その警察官にも「あの人たちは大丈夫だよ」と言われてしまいます。実際に、警察官と話している時に彼らは私たちの後ろを通り過ぎるのですが、何も起きず・・・(´・ω・`)

どうやらN君が言った通り、年配の男性は棒をステッキ代わりにして歩いていたようです。何故笑われたのかは分かりませんが、ひもくみは絶対にボスが持っていた棒で脅されて、財布を出さなければ叩かれると思いましたよ(笑)

この体験が旅の途中の笑い話になり、それからの道のりは比較的スイスイと進む事が出来ました。今回私たちは運よく何も起こりませんでしたが、夜は絶対にスラム街を通らない事をオススメします!スラム街が何故観光地、モンセラーテの丘の近くにあるかというのも、スリを行った後に、簡単に姿をくらます為です。コロンビアの治安は近年大分良くなったと言われています。ですが、自ら危険な地域に行くと、何かがあなたに必ず起こるでしょう。それは、どの国も一緒ですね。

ケーブルカーを使ってすいすい楽ちん登山♪

モンセラーテの丘のケーブルカー

スラム街を抜けた後は、比較的簡単にケーブルカー乗り場に辿り着く事が出来ました。この時ボゴタの空は珍しく快晴で、私たちは少し汗をかきながら辿り着きましたが、他の海外観光客は、涼しげな様子でした。きっと、私たちとは違いタクシーで来たのでしょう(笑)

日曜日であったのと、コロンビアの首都ボゴタで珍しく快晴であった為か、ケーブルカーを並ぶ長蛇の列が出来ていました。ひもくみ達も並んでいると、さらに人が増え、列が長々と続きました。並んでやっとの思いで手に入れたのが、こちらのチケット!

モンセラーテの丘のケーブルカーの入退場チケット

モンセラーテの丘のケーブルカーの入退場チケット

1人、大体400~500円(為替により、多少変動) です。日本の相場を考えるとめちゃくちゃ安いですよね。

モンセラーテの丘のケーブルカー

モンセラーテの丘のケーブルカー

ケーブルカーの外観はこんな感じで、ここに人数が多いと結構ぎゅうぎゅうと入れられます。都心の満員電車ほどではありませんが、座る場所もありませんし、結構人との距離感は近いかな?少なくとも、ペルー人F君の男の汗の臭いは、ひもくみには届いておりましたよ(笑)

モンセラーテの丘に広がる絶景過ぎる景色

モンセラーテの丘に広がる絶景過ぎる景色

冒頭でも述べたような、モンセラーテの丘に登ると男女のカップルが別れるという都市伝説が嘘かのように、モンセラーテの丘には 絶景が広がっていました!

モンセラーテの丘にある教会(チャーチ)

外国人観光客の多くは、カップルが多かった印象です(笑) モンセラーテの丘の特徴としては、ボゴタの街並みを見渡せる事と、教会が一つポツンとある事ですかね。私たちは運良く天気の良い日に訪れる事が出来ましたが、天候が悪ければ景色の喜びが半減するかもしれませんね。ですが、モンセラーテの丘に広がる絶景は、どんな天候でも美し過ぎる事に変わりはないでしょう!

モンセラーテの丘に広がる絶景過ぎる景色

こうやって首都ボゴタを見下ろすと、意外にも建物やビルが多く、「こんなに都会だったんだ!」と改めて実感する事が出来ました。

モンセラーテの丘に広がる絶景過ぎる景色

頑張ってデジカメを使って、拡大して撮影する事に成功しました!スマホだと、ちょっと画質が荒くなりがちですが、デジカメは綺麗にボゴタの街並みを撮ってくれました。

実は、ひもくみはボゴタでiPhoneとクレジットカードを紛失してしまったのです・・・!幸いにもクレジットカードはすぐに停止し、iPhoneとクレジットカードの紛失以外の被害は無かったのですが、その後は夫カミーロの財布に頼りっぱなしの生活を送っております(´・ω・`)

モンセラーテの丘に広がる絶景過ぎる景色

特にクリスマスになると、このモンセラーテの丘はライトアップされ、景色だけでなくモンセラーテの丘自体も良い雰囲気になりますよ!

このビデオは、モンセラーテの丘を簡単にどんな所か紹介してくれています。年代が古そうですが、ケーブルカーや景色、教会の様子などは現在と変わりありませんので、良ければ参考に見てみて下さい!モンセラーテの丘から見える景色を十分に堪能した後、私たちは丘にそびえたつ教会の中に入って行きました。

教会の中には黒人のキリストが?!

モンセラーテの丘にある教会の黒人イエスキリストと聖母マリア

教会の中で写真撮影して良かったのかは分かりませんが、一人の海外男性も積極的に写真を撮っていたので、ひもくみも勇気を振り絞って何枚かの写真を撮影しました!その中で、 特徴的だったのが、この黒人のイエス・キリストと聖母マリア。

昔コロンビアに、黒人アフリカ奴隷が大量に移民して来て、彼らが持ち込んで来た文化が、そのままこの教会には残っているのだとか!

モンセラーテの丘にある教会のイエス・キリスト

こちらは、イエス・キリストとマリアと神(?)でしょうか?展示してあったので、思わずパシャリと撮影してしまいました。

モンセラーテの丘にある教会のイエス・キリスト

中央は、他の教会と大して変わらないように思いました。そんな静寂とした雰囲気の中、ひもくみはまたもパシャリ(笑)

モンセラーテの丘の警備体制もバッチリ!

モンセラーテの丘の警備員

景色を撮影中、モンセラーテの丘を見回っている警備員の方を発見!やっぱり、観光名所となっているようなところは、コロンビアの警備員や警察がしっかりと守ってくれているみたいですね。

心置きなく写真撮影が出来る!

モンセラーテの丘で外国人観光客が記念撮影

モンセラーテの丘から見える絶景を背景に、記念撮影する外国人観光客がめちゃくちゃ多かったです!カナダ人のN君は塀の上に立って記念撮影をしていましたが、ひもくみ達はハラハラドキドキでした・・・( ゚Д゚)

もし塀から下に落ちると、確実に死ぬ程の高さでした。なので、良い子は絶対に真似しないで下さいね。

謎のお土産屋さんとレストラン

モンセラーテの丘のお土産屋さんとレストラン

教会の裏側を進んで行くと、そこには小さな商店街みたいなお土産屋さんとレストランが立ち並んでいました。コロンビアはコーヒーだけかと思っていましたが、そうではなかったみたいですね。

ここで友達へのお土産を買うのも、良いでしょう!

モンセラーテの丘の反対方向には意外な絶景スポットが!

モンセラーテの丘の裏側に広がる穴場絶景スポット

先ほど述べた小さな商店街を抜けると、意外な絶景スポットが 広がっていました!モンセラーテの丘の表の景色は建物が立ち並ぶボゴタの風景が広がっていましたが、裏側ではボゴタに広がる山々が綺麗に見えます。

モンセラーテの丘の裏側で夫婦の記念撮影

私たち夫婦も、ここで記念撮影(笑)

最終ケーブルカーは混むから注意してね

モンセラーテの丘の夕方の景色

ケーブルカーの最終が確か18時だったので、それまでになるべく早く出るようにしましょう。ひもくみ達は結構ギリギリにケーブルカー乗り場に着きましたが、かなり混んでいました。そりゃ、ディズニーランドほどの混み具合ではないですよ?ですが、そこそこに待ちます。私たちは、モンセラーテの丘で結構はしゃいじゃったので、この待ち時間中誰も何も話さず(笑)

最後に皆テンションが下がったって事は、誰もが楽しんだってことですよね?

モンセラーテの丘のケーブルカー最終時間


いかがでしたでしょうか?都市伝説を信じているコロンビアカップル達は、この絶景過ぎる山(丘か)には登る事はないでしょう。こんなにも綺麗なのに(笑)

こう言いつつ、私たち夫婦も都市伝説の影響により離婚するかも?!そんな冗談を残しつつ、今回はこの辺で!

コメントを投稿

0 コメント