イタリア人男性と結婚する前に押さえておくべき7つの事

この夏は燃えるような恋がしたい?イタリア人男性との恋愛攻略法?

Che bella cosa e' na jurnata 'e sole~~~

素晴らしきかな 太陽輝く一日

さらに美しいのはもう一つの私の太陽って言われてみたくないですか?(笑)

イタリアって聞くと、もう響きが独り歩きしているでしょう?

あのファッション、あの美味しい食べ物、美男美女、あの綺麗な海、、、。

なんといっても彼らの陽気さ、面白さ。そんなこの国が大好きで、

いつかは結婚した~いと思っているあなたへ

イタリア男性(元恋人)から若気の至りで自ら逃走(笑)した私が執筆しています。

(若さが故に、別にこの人じゃなくても自分はやっていけるし日本人でも気にしない&イタリアに執着が無い為、しつこいので着信拒否しメールも遮断。)

イタリア人男性との国際結婚

(出典:https://ladysmut.files.wordpress.com/2015/05/cd02429cc102bb065bd7b5065951bb7f.jpg

まず、結婚したくても、どうやって付き合うの?出会うの?攻略法をお答えします

イタリア人は、チャラいイメージがありながら実はカトリックの堅い付き合いが基本である

イタリア人にモテにいきたくてわざわざイタリア現地に行ってしまう日本人女性が後を絶ちません。そして確かにナンパはガッツリされた、、、中には大きな娘がいる私ですらナンパされたわ、なんて報告も有ります。

アジ専(アジア見境ない)、ジャパ専(日本人大好き)、経済的に大変な男性の逆玉狙い、(優雅に見えて場所により日本のが安定で豊かな現実もあるので)単に仕事があまりなく暇だから(笑)、現地女性にモテないから、、、等が本当に多いです。

日本現地の場合は、どうにかしてでもイタリア人と結婚したくて偽装結婚、相手が経済的に豊かな日本で日本国籍取得をしたいので助ける、自分はイタリアに住めるという事を条件にーという事をすすめる人や業者もいるという、危ない風のうわさが有ります、実際優しくしすぎてしまう年配の日本人女性や、裕福な育ちの日本人女性はカモにされやすいです、気を付けましょう。

日本での出没スポットは?
六本木、麻布、表参道、恵比寿などのオシャレなBARなどがよく挙げられます。(遊び目的も大半ですから気を付けましょう。見極めが大切です。)

日本人は宗教をあまり意識しませんが、外国人は宗教が先、の人々が沢山います。

イタリアはキリスト教のその土地ですよね?これは教科書にも出てきますし、誰でも知っている事実です。

また物件が高いので、マンマ(母)が息子をよーく面倒見ていて、ある程度の年齢になっても実家住まいなんてよくある事です。ですからイタリア人女性は、家ではなく外で彼と最初の性交渉をした、とか長い間付き合って結婚したとか、彼女のお父さんにしっかり家に送り挨拶するなんて事はよくある話です。ヨーロッパで有りながら文化はなんとなくまだ南側など、アラビアっぽさが残ります。(イタリア人の多くはアラブとの混血です。アラブは男女間の関係に厳格で知られるので、これを機会に知性磨き程度に歴史を知るのも良いでしょう。)

マザコンを通り越している?義母を大切にしたくないなら最初から辞めておけー

イタリアの台所を極めてみよう
日本人は義母との抗争がよーくTVやブログで報告されています。そんなことないよ、老人大好きという優しい方がいるのも事実でしょうが、やっぱり気を使いますね?そこから苦手意識になっていく人もいます。

基本的に陽気で優しいイタリア女性ですが、敵にすると日本人の義母が可愛く思える程にすごい怖いと覚悟しましょう。愛情が大変強いです。イタリア男は、とにかくマンマが大好きです。マンマと仲良くすることは彼の攻略ですよ。

マンマは僕の服にいつもアイロンしてくれて、、

マンマは僕の大好きな料理を作って待っていてくれて、、

マンマはどんな事でも味方になってくれて、、

マンマと連絡しないなんてありえないよ、、、

え?疲れた?こんなの普通ですよ(笑)

ひどければ

奥さんとマンマならマンマに決まってるんだから?

あなたが正しい事を言ってもマンマが言ってるから。

これを

ママシオーネと呼びます。イタリア人でもちょっと、、(笑)なレベルのマザコンの呼称ですね。
マンマの作るごはんのレベルや家事レベルを超えなさいとは言いませんが、料理が上手いこと、好きなことはイタリア文化では重要です。

苦手な方は今から料理教室へ行ってみたり、パートナーが心配ないよ、僕がやるよというタイプかどうかを熟知したり、はっきり相談しておきましょう。

だからこそ慎ましく上品、だけどセクシーであれ

という訳なので、オシャレで上品なセクシーさを好む男性が多いです。おおっぴろげたアメリカ系のもろセクシーは敬遠されたりします。

鉄板ですが、石畳の上でもヒールを履くイタリア女(笑)と表現をする、他ヨーロッパ女性もいるほどに。(実際には歩きやすい服装されている方も沢山いるけどね)

オシャレが大切、オシャレでナンボです。

イタリア人女性のファッションサイトや、INSTAGRAMなどでかっこいいイタリア女性をフォローして、勉強してみるのもおススメです。

中には本当にセクシーというより、細くて若々しいアジアっぽさが好きだとか、日本人特有の雰囲気やメイクが可愛いから好きな男性もいます。(アジ専、ジャパ専)別に浮気はしないのなら、それでオッケーという方にも向いていますが、日本に連れて行った数日後には出かけて来て美人を見つけて浮気、、という事もあるようです。

真剣に交際となれば、、。
上記に限らず、事前に日本には連れてきた方が良いでしょう。
単に優しく、女性への褒め事が礼儀かのような男性もいますし、反応や線引きも分かります。    

太陽を味方につけろ、白い肌のブリブリな日本的な可愛い服より小麦肌に黒髪

美白で、美人で、痩せていて、小さくて、、、、、。

これを好む人もいるでしょうが、イタリアではかき消されてしまうかもしれません(笑)特殊な層以外にはあまり好まれないかも、、。

イタリア人に限らずに、西洋人は太陽をほしがります、黒い小麦肌こそステイタス。

理由は、バカンツア つまりバケーション、休暇を楽しむ習慣と日照時間?

イタリアでは長期休暇を楽しむ文化があり、これがようするに、行ってきた証拠(笑)アピールになるわけです。

又ヨーロッパの他の国でも小麦肌は好まれます。日照時間が短く、人間無いものねだりですから、小麦肌に憧れています。また、小麦肌は洋服の映え方も良くなり、健康的でセクシーな肉体美を表現しやすいです。またお尻、胸の大きな方は大歓迎されます(笑)日本では、ちょっとぽっちゃりなあなたや筋肉質なあなたは人気が出るかもしれません。

この辺が日本人感覚との違いになります。

イタリア人男性の憧れは?希少な本物の金髪?

イタリア人は、アラブの血が入っている方が大半のため、黒髪やブラウンの方も沢山います、、。

友人がシシリア(南側)に行った時、ずんぐりむっくり(笑)していて黒髪系、なんだか太っちょ?をよく見かけた。日本人はイメージでイタリアって聞くと大抵の人が喜んでいたり、カッコイイと思っている印象があるけど、あまり期待しすぎないほうが良いよね。案外トルコのが全然イケメンが多かった印象だし、本家アラブ人(イタリアから近いチュニジアとかアルジェリアとか、その他にも湾岸諸国とか)のがイケメンに重点をおくなら全然レベルが高いと思った、なんか町も素敵だったんだよね、、と、本音を述べていました。(これはあくまでも男性の見た目に重点をおくならの彼女の個人的な感想ですが、本当に文化が好きなら別として、イタリアに焦る前に参考に考えてみて下さいね。)

それがローマとか、ちょっと場所を移動すると都会になってきます。

数少ないブロンド青目のイタリア女性が出たら、目が追いかけているのが分かりすぎる(笑)これはブログやバックパッカーさんなんかでも報告者がよくいます(笑)

この彼女達と一度は付き合ってみたい、恋愛したい、セクシーだ、と駆り立てられる方もいるそうで。

しかし結婚するのは慎ましい感じで料理が上手いブラウン黒髪の女性が良いな、、が大半の本音だったり、憧れだったり、、。金髪に染めている人はいても偽物が多く、遊んでいるという目で見ている男性もいます。

ローマ出身のブロンド青目の男性(奥さんも金髪青目)がポロっと日本出張で言っていた一言ですが。

僕はアジアにぜーんぜん興味なかったよ。

芸者とか天ぷらとか、どうでも良いよ(笑)

実際こんなものでしょう。現地でモテる人や、きちんとした企業に勤める男性は。

もちろん南側だって良いところは沢山あり、私は南側がむしろ好きですが、

典型的な白人ドリームを抱いているあなたには、場所により、そのドリームからは少し違うかもしれませんので記載しておきます。

マフィアかもしれない

イタリアと聞くと、、、、。

そうゴッドファーザーですよね?イタリアではマフィアは欠かせない歴史です。書き出すと長くなるため省略しますが、警察が役に立たないときにマフィアに頼む、なんていう事もあったシシリア。

この彼らはイタリア本土だけではなく、オーストラリア、アメリカなど、散らばっているのも、もはや常識。

愛した彼がマフィアだった、、。たまたま元マフィアと出会った、、。

面倒見がよく、約束を守ってくれる彼ら。男っぽいから惹かれてしまう?

どんな人と結婚するかは自分の自由ですが、よく考えて下さいね。

アジア系でイタリア人が好みそうな女性教えて?

ではあげていきましょう。

韓国人モデルアンミカ

(出典:https://i1.wp.com/pnpnptyan34.com/wp-content/uploads/2016/11/uploaded.jpg?w=500

大人気のレペゼン大阪のアンみかさん

韓国系で知られ日本育ちのスーパーモデルだった彼女

何よりヨーロッパでスーパーモデルだったことがウケた証明ですが、

背の高さ、黒髪、知的(実は沢山の資格を持ち大学にも行っている)上品さと明るさを兼ね備え、おしゃべり大好きなイタリアではかなりうけが良さそうな方です。

イタリア人男性は、しょっちゅう飲食店に出入りします。

ちょっと友達とね、、、と日本人より高確率で利用する社交の場でも有るのです。

お話が上手い、社交が好きな女性は好まれるでしょう。

50centベイビーママdaphne joy

(出典:https://ioneglobalgrind.files.wordpress.com/2015/08/14399097901038.jpg?quality=100&strip=all&w=1024&h=15369

DAPHNE JOY

でましたーー、このスーパーグラマーのフィリピン系小麦肌美女。

アメリカは50CENTのベイビーママ(アメリカのスラングで未婚の母という意味)です。

映画パイレーツオブカリビアンにマーメイドとして抜粋され、フィリピーナとプエルトリカンのハーフです。幼少期はフィリピンに居たとかで。

お顔が見るからにフィリピンで、なんだか私たちになじみ深いですね。

彼女の身長160CM代と小さくも筋肉への配慮や、ジムでの経験は見習うべきところがあります。

ヨーロッパだけではありませんが白人男性はタイ、フィリピンなどのエキゾチック系を好む事の多さでも知られています。フィリピンなどにモテにいく日本人のおじさん達からもよく報告が有りように、(Google等で検索しそれ系のブログを宜しければご覧ください)あっちに来ている白人の好みが、俺たち日本人が好きな感じとは結構違う子をよく連れている、との事です。

実際、確かに日本人男性が好みそうな色白で華奢で目鼻立ちがくっきりした子よりも、

色黒でエキゾチックさを持つ彼女たちといる白人男性は海外ではよく見かけました。

ちょっと、、、。

日本人が出ないじゃん?皆さん忘れてはいけません。この方を。

叶姉妹イルベントエレローゼ

(出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51eLxkm62DL.jpg

日本代表のグラマー、叶恭子さん

恭子さんが監督を務めた映画、イルベント エレローゼ、愛するという事

は全部イタリアロケです。彼女のグッドルッキングガイの中には当然このイタリア男性も含まれているのでしょう、映画の製作中には沢山の絡みが用意されています。

イタリアっぽさが醸し出されている彼女のメイク、服装もファンを魅了していますね。

こんなグラマーな方が歩いていたら男だけではなく女のこちらも見てしまいます。

肌の色はオリーブ色ーと述べるように、

この辺がまさに分かっている、さすがという感じで、イタリア女性が日焼けした時の肌の色を熟知してらっしゃいますね。

なんだか、、、。

今まで出た人が皆すごすぎて親近感が無いよ?という方向けのこの方ーー。

一番身近に感じるミス ユニバース セミファイナリストのYOUTUBER


(出典:https://youtu.be/-1boAwZD5ls

AZYSA AZZYさん メイク動画は参考に。

スペイン留学中にモテモテで、自分(アジア系)の細い目や黒髪に自信を持てました

という彼女のインタビューは面白いです。イタリアとは気質が似ている隣国のスペイン。

現在は、やはりラテン気質が合うのでしょうか?ブラック系のキューバ人の方と結婚されたとのこと。

確かにブラザー層とかにも、大変モテそうな色っぽい雰囲気です。彼女についての情報が知りたくて、

試しにグーグルで検索してみると、、。

すっごいデブスなのに養成所通ってますとか髪の毛は常にべたべたしてて怖い. 785 : 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 0d63-ptyI). 2017/06/09(金) 18:18:00.73 ID:M8Otq74O0. >>780 本人はミスユニバース'セミ'ファイナリストを自信満々 ...

などがどーっと出てきて、ビックリしてしまいました。

こんなものは探していなかったのだが、、。意地悪なこのようなアンチにも、コメント欄でごめんなさいと対応する大人な彼女が素晴らしいです。

上記のように日本とは異なる精神論?
自信満々であることは欧米では当たり前ですよね。悪いことでは有りません。

また物事をはっきり言わないといけないシチュエーションも多々あります。

そこを何か勘違いしてしまうと、外専が、かぶれている、外人に逃げている、白人好きのかぶれ等と呼ばれますが、そうならない素晴らしさを兼ね備えてらっしゃいます。

例えイタリア人男性をゲットしても、よくいわれる日本人男性をバカにして比べたり、あまりにも自分の文化を失った行動を公共の場でしたり、外国語と日本語をやたらに混ぜたり、物言いがキツくなったり上から目線になることは恰好良い事ではありませんので気を付けましょう。

卑屈で暗い女性よりも、知的で、このような前向きで明るい方のほうが、好まれるのが分かります。

日本人女性の素晴らしさも大切にしつつ、本当の意味でグローバルな女性になりたいところですね。

また、ヨーロッパでは年齢も30歳を超えたから売れ残りみたいで嫌だな、、なんていう考えはされません。

成熟し、器量の有るマンマのような女性はまさに輝ける場所でもあるしょう。

じゃあ私は日本人ウケの雰囲気だから無理だよね、、、?背も低いし細いし。

美的感覚というのは国で変わりますし、

イタリアしか絶対に目がないのー

というように大変なこだわりがどうしてもある方は別として、

結構映画やファッションメーカーなどで、イメージが独り歩きしてステイタス感覚の女性もいる国の一つですので、その辺も要注意です。

国のイメージにとらわれず、自分探しの旅に出るのも大人女子にはお勧めします。
世界の日本人妻というTV番組では、モンゴルに行ったらモテちゃったー、でも周囲の男性に比べて不愛想だった人と結婚しました、なんていうエピソードもあるくらいです。
おばさんだからー性格がきついから
だからあの女は売れ残っているんだー
外国なら私だって受け入れてもらえるのー

外国人と結婚すれば勝ち組コースになれるし、イタリアはカッコイイって思われるし、、。

という訳ではありません。

本当に見栄っ張りで大丈夫でしょうか?

浮かれてはいませんか?

特に現代では、昭和時代よりも国際化されてきていますし、留学経験を積み、聡明な女性も増えましたし、そんな昔の時代の嫌味をくつがえすように、若くて綺麗な子も都会では増えてきました。

昔はそれが、スペシャルであるように感じた、時代だったかもしれませんし、

飛行機代金も高かったことからステイタス、であったかもしれません。

現代は、安く飛行機に乗れて、女性ファッション雑誌などにもどうやったら外国人と付き合えるの?という記事が出ていたりSNSも発展したためか影響力も大きいのです。

実際は国際結婚において、聡明な女性も多く、色々苦労も経験しているので、

優しい方やサバサバしている方が多いのも事実です。

また情熱的な気質が本当に自分に合うのか?

年を重ねて、環境に疲れてこないのか?乗り越えていけるのか?

パートナーとして自分も支えられるのか?

出産したらイタリアーナの子育て環境に上手く入れそうか?

逃げに使うのではなく、きちんと海外で生きるための事前準備も必要ですし、

日本以上に大変なことが有ります。

特にイタリアという国では見た目は街並みが綺麗で、響きもゴージャスで、それこそカッコイイと感じますが、共働きも普通ですし治安も良くないところもあり、相手に依存しすぎない事もあちらの社会では重要です。(相当の土俵が有る男性を除いてね。)

これを踏まえずにいる場合は注意が必要です。

(これらはおおよそであり、全然当てはまらない方もいるでしょうし、お互いに仲良くやれそうな自信がある方もいらっしゃるでしょう。)
いかがでしたでしょうか?

イタリア人男性は女性をリードすることに関してはもう天下一品です(笑)

それは日本では今までにない扱いかもしれません。

その恋の良いも悪いも理解しながら、楽しく過ごしてほしいところです。

コメントを投稿

0 コメント