「ミルカ」実在したインド陸上代表ミルカ・シンの人生の教訓

こんにちは~!!

インド映画のコーナーです^^

今回紹介する映画は「ミルカ」です。

上映中の映画ですから、大スクリーンで見れますよ♡

ミルカはゴールの前で後ろを振り向く

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/80675/poster2/200.jpg?1412932555

あらすじ

公式サイトのあらすじから見ていきましょう~!

ローマオリンピックの400メートル決勝の試合において、

インド代表のミルカ・シンは世界記録を出した直後とあって、

金メダルへの期待を一身に集めていました。

実在したインド陸上代表ミルカ・シン

(http://indianexpress.com/tag/review-bhaag-milkha-bhaag/ )

コーチがかける声に重なるように、ミルカの心には渾身の力で叫ぶ父の声がこだましました。

すると、なぜかミルカはゴールの前で後ろを振り向きます。

結果、4位まで転落、「インドスポーツ界最大の悲劇」と国じゅうを落胆させることになりました。

チャンディガルの家に戻った彼は、

オリンピックでメダルを逃した無念さだけではなく複雑な思いを抱えて沈んでいました。

インドとパキスタンの友好親善試合のために、

インド側団長としてパキスタンへ行くようインド政府からの要請を受けたにも関わらず、

それをかたくなに固辞していたのです。

ネルー首相から派遣された担当大臣がミルカを育てたふたりのコーチに同行してもらい、

彼を説得すべく尋ねようとチャンディガル行きの汽車に乗りました。

道中、ふたりがミルカ・シンの陸上選手としての苦戦と成功の軌跡とともに、 生い立ちのストーリーを語り始めます。

どうして彼はパキスタン行きを拒んでいるのか?

ローマオリンピックで彼の心を後ろへと引っ張ったトラウマとは何なのか?

ミルカの謎の行動が、解き明かされていきます。

キーワードは、1947年。イギリスからの独立後です。

インドとパキスタンとの国土分断の混乱のなか、

幼いミルカとその一家が暮らすシク教徒の村に、残酷な運命が襲いかかったのです。

その時からミルカが背負った厳しく激しい人生とは・・???

あらすじの他にも興味深いことが書いてあるので、予習してみてください^^

http://milkha-movie.com/

注目はミルカの強い意志!

ミルカは2時間半くらいの映画でしたが、あっとゆう間に終わってしまいました!

それくらい物語に入り込める作品だと思います。

私は多分ミルカのお姉さんの気持ちになってたかもしれないです←

ミルカの姉想いの姿にもう、涙が止まらなくなります!

コーチとの熱い関係にも注目です!

ミルカが人間らしい性格だから感情移入しちゃったのかもしれないです。

実は、ミルカは悪さをしていました。

好きな人に「そんなことする人とはお付き合いは無理です」て言われたのをきっかけに、

「変わるから待ってろ!」て言って仕事について立派な人になろうとしていました。

恋しちゃったミルカ

(http://3bollywoodqueens.blogspot.jp/2013/07/new-bhaag-milkha-bhaag-do-you-have.html )

恋しちゃったミルカが幸せそうで、癒やされます(*´ω`*)

印象的だったシーンは、

ミルカがメルボルンオリンピックで負けてしまった後に、

飛行機でコーチに400メートル走の世界一のタイムを聞き決意するシーンです。

人間だから失敗や欲に負けてしまうことはあると思います。

ですが、彼はそれを許しませんでした。

もう、嫌がらせをうけたり、ミルカにはいろいろなハプニングが起きます。

嫌がらせはもう過激すぎて、目を逸らしたくなるくらいです(´;ω;`)

しかし、ミルカは強い意思と努力で乗り切ってきました。

ミルカの強い意思と努力

(http://www.in.com/bhaag-milkha-bhaag/profile-50005164.html )

ミルカの努力家なところは私たちは見習わないといけないですね....。

何作かインド映画を見ましたが、回想シーンから入って現代に戻るパターンが多いですね笑

そうそう、タレントの武井壮さんが映画に出演しているそうですよ!!

日本人の選手としてオリンピックで走っている姿をは見逃しませんでした(笑)

なんと武井さん、友人から来たFacebookのメッセージがきっかけで

ミルカに出演ということになったそうです。

リアルなアスリートで撮影が2週間できる人が条件だったそうです。

人生ってなにが起きるかわからないですね~

最後に予告編をどうぞ~

もう、私はみなさんと映画の感想を語り合いたいです!!我慢できません(笑)

ネタバレになってないか正直不安です←

感動したい!!!方はぜひ見て下さいね♡

コメントを投稿

1 コメント

  1. 「実在した」などというと、「そんなの当たり前ではない?」と思いますね。というのも、リアルタイムでその時代に名を知っていた選手だから。今思い出して、どんな記録で走っていたんだろうと検索していたところで映画のことを知りました。・・・ともかく、ずっと記憶に残っていましたね、その名前。

    返信削除